2018年07月07日

2018.07.07 巨人2-5広島

4回、鈴木のホームランで広島が先制。5回には丸のホームランで1点、さらに8回にも丸のホームランで1点を追加する。巨人はその裏、坂本のタイムリーで1点を返すが、9回、西川、會澤の連続ホームランで広島が2点を追加。巨人はその裏に大城の内野ゴロの間に1点を返すが、反撃はここまで。広島が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の内海は6回2失点。広島打線をソロホームラン2本に抑えたが、今日はその2点も重かった。ただ、広島相手にもしっかり試合を作れることが分かったので、今後にも非常に期待が持てる。

打線は野村に歯が立たなかった。それでも、勝ちパターンの中継ぎから点を奪えたのは明日につながるか。

明日の先発は巨人が今村、広島が岡田。2週間ぶりの1軍登板となる今村。広島戦は今季初登板。代え時をしっかり見極めれば好投できるはずなので、首脳陣の決断も大事。対する岡田とは今季3度目の対戦。過去の2試合は岡田から見て2勝0敗、防御率3.00。明日も厳しい相手だが、これ以上負け越しを増やしたくはない。なんとしても勝ちたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:06 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: