2018年07月08日

2018.07.08 巨人6-4広島

2回、バティスタのホームランで広島が先制。しかしその裏、ピッチャー今村のタイムリーで巨人が同点とする。4回、西川の内野ゴロの間に広島が勝ち越し。しかしその裏、吉川尚の2点タイムリーで巨人が逆転。さらに、マギーの内野安打にエラーが絡んで1点、そして岡本の2ランホームランも出て、この回一挙5点を挙げる。このまま試合は9回まで進んだが、ここで広島が猛反撃。丸の内野ゴロの間に1点、さらに松山のタイムリー内野安打でもう1点返し、なおも満塁のチャンス。しかし最後はマシソンがなんとか抑え、巨人が勝利。巨人は今季初めて、広島との3連戦で勝ち越した。

先発の今村は5回2失点。先発として最低限の役割はしっかり果たした。5四死球と制球は荒れていたが、打たれたヒットはバティスタのソロホームラン1本のみ。制球が改善すれば、ローテ定着も夢ではない。

6回以降は谷岡、上原、澤村が無失点でつないだが、マシソンは非常に危なかった。1イニングで3四死球と荒れまくったが、4点リードがあってよかった。マシソンの調子が悪くても勝てたと前向きに捉えよう。

打線は4回に一挙5点。久々にスタメンに入った吉川の2点タイムリー、そして岡本の久々のホームランと明るい話題も多かった。しかし5回以降ノーヒットだったのは反省しなければならない。

明日からはヤクルトとの3連戦。これがオールスター前最後の3連戦となる。ヤクルト主催だが、明日は静岡で行われ、火曜日から神宮に移る。勝ち越してオールスターを迎えたい。明日の先発は巨人がヤングマン、ヤクルトがカラシティー。初登板で8回無失点と素晴らしいピッチングを見せたヤングマン。明日の内容によっては後半戦の柱にもなるだろう。ヤクルトとの3連戦での初戦でもあるが、9連戦の7戦目でもあるので、長いイニングを投げてほしい。対するカラシティーとは、先発では初対戦。ただし中継ぎとしては過去4度対戦している。カラシティーは開幕から中継ぎとして投げていたが、6月15日に初めて先発として登板。そして前回の登板で6回1失点の好投を見せ、先発として初勝利を挙げた。通算では5勝0敗で、まだ日本では負けなしとなっている。このカラシティーを打って、ヤングマンを援護したいところだ。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: