2018年07月09日

2018.07.09 巨人8-5ヤクルト

初回、岡本のタイムリー、長野の内野ゴロの間に巨人が2点を先制。5回、山田の2ランホームランでヤクルトが同点とする。7回、陽のタイムリーで巨人が勝ち越し。さらに吉川尚のタイムリー、マギーの3ランホームラン、そして2者連続となる岡本のホームランも出て、この回一挙6点を勝ち越す。ヤクルトはその裏、バレンティンのタイムリーで1点を返すと、9回には山田のタイムリー3ベース(山田はこれでサイクルヒット達成)、バレンティンのタイムリーで3点差まで迫る。しかし最後は急遽登板したマシソンが抑えゲームセット。巨人がカードの初戦を取った。

先発のヤングマンは6回2失点。毎回ランナーを出す苦しいピッチングだったが、要所を締めて山田の2ランのみに抑えた。今回の内容は決して良くはなかったが、それでも2連勝という結果を出したので、後半戦もローテーションには入るのではないだろうか。

中継ぎは最後にヤクルトに追い上げられた。最終的に勝ったのは良かったが、マシソンを使ってしまったのは明日以降の不安材料。しかも山田にサイクルヒットを許してしまったのでなんか勢いもありそうだし。

打線は8安打で8点。四球や相手のミスにも助けられて7回は大量点を奪った。岡本はタイムリーもあり、2試合連続のホームランもありということで完全に戻ったと考えていいのだろうか。オールスター休みに入る前に底を抜け出せたのは非常によかった。

明日の先発は巨人がメルセデス、ヤクルトがブキャナン。メルセデスは明日が一軍初登板となるが、それもそのはず、今日支配下登録されたばかり。昨年から育成選手として二軍で投げていた。二軍では6試合に投げて防御率2.05。アダメスと同い年、同じドミニカ出身だが、アダメスが右投げなのに対してメルセデスは左投げである。ピッチャーだけでも外国人(扱い)選手が5人いるという状況の中で、メルセデスも外国人枠争いの中に入れるか。対するブキャナンとは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率1.20。ほぼ完璧に抑えられていると言ってもいい。ただ、岡本が復調、マギーも調子がいいということで、クリーンナップで点を奪いたい。

posted by K at 22:43 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: