2018年07月10日

2018.07.10 巨人6-3ヤクルト

2回、長野のホームランで巨人が先制。巨人は3回にはマギーの2ランホームラン、4回には坂本の2ランホームランが出て、5-0とリードを奪う。ヤクルトは6回、畠山のタイムリーで1点を返すが、直後の7回、阿部のタイムリーで巨人が再び5点差に。ヤクルトは7回に上田のタイムリー、8回に雄平のタイムリーが出て3点差まで迫るが、9回は巨人の抑え・マシソンがピシャリと抑えてゲームセット。巨人は3連勝でこのカードの勝ち越しを決めた。

先発のメルセデスは5回無失点。初の一軍登板ながら連打を許さず、さらに無四球という素晴らしいピッチングだった。アダメスに続いてメルセデスも支配下となり、そんなにポンポンと支配下にして大丈夫かと思ったが、見事期待に応えて見せた。これは後半戦の外国人枠をどうするかが大変になりそうだ。

その後は鍬原が2回2失点、澤村も1回1失点と嫌な流れになったが、9回はマシソンが完璧に締めた。元々はメルセデスと鍬原の2人で先発の役割を果たすというイメージだったんじゃないかと思うが、メルセデスが予想以上に良かったのもあるが、明暗が分かれることになった。それにしても今日のマシソンはすごかった。明日にもつながりかねない流れを止めてくれた。

打線はホームラン攻勢でブキャナンを攻略した。もっと苦労すると思っていたので、こういう形で攻略するとは思わなかった。それだけで終わらずに終盤に阿部がタイムリーを打ったのも良かった。

明日の先発は巨人が山口俊、ヤクルトが大下。前半戦の最終戦は山口に託した。ヤクルト戦は今季2試合投げて1勝1敗、防御率1.59。前回の対戦では9回1失点で完投勝利を挙げた。この9連戦、中継ぎも結構使っているので、山口には長いイニングを投げて、そして前半戦最終戦を飾ってほしい。対する大下はドラフト2位ルーキー。一軍では3試合に投げて防御率1.13で、明日がプロ初先発となる。初先発ではあるが、前回登板では4イニングを無失点に抑えるなど、長いイニングを投げることもできる。しかしブキャナンも攻略したわけだし、ここはルーキーを打って、勝ってオールスターブレイクに向かいたい。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: