2018年07月19日

2018.07.18 巨人5-3阪神

初回、満塁から陽の走者一掃のタイムリー2ベースにより、巨人が3点を先制する。その後は両チームの投手がランナーを出しながらも抑え、7回まで3-0が続く。そして8回、またも陽の2点タイムリーが出て、巨人が5点差とする。阪神は9回、糸原の内野ゴロの間に1点、さらに代打原口の2点タイムリーが出て、2点差まで追い上げる。しかし最後は3連投(オールスターを挟んで7試合連続登板)となったマシソンが抑えゲームセット。巨人は7連勝で貯金を2とした。

先発のメルセデスは7回無失点。ランナーを出しつつも得点を許さず、前回を上回る7回を投げ切った。12イニング投げていまだ無失点。これはヤングマンとメルセデスはしばらく外せないか。

9回までで5点差がつき、これはマシソンを休ませられるかと思ったのだが、谷岡がつかまり結局マシソンを使ってしまった。こういうところで無失点ならばアピールになるのに、打たれてしまうからなかなか信用されない。移動日があるとはいえ、今の時期にこれだけマシソンを使ってしまうと終盤が心配だ。せめて澤村が復調すればだいぶマシになるのだが。

打線は陽が全打点をたたき出した。陽は好不調の波が激しくて上位だとなかなか使いづらい(この日も5試合ぶりのヒットだった)が、打つときはめちゃくちゃ打つので、これがそのきっかけになればいいと思う。

金曜日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。5ゲーム差があるので3連勝しても順位は変わらないが、一応首位攻防戦となる。巨人は優勝するならば最低でも2勝1敗が必要になる。坂本がいないため打線のパワーダウンは否めないが、ダブルエースをつぎ込むのでその2人に頑張ってもらいたい。

明日の先発は巨人が山口俊、広島が野村。山口は広島戦に今季2試合投げて1勝1敗、防御率3.29。初対戦では6失点したが、2度目の対戦では完封勝利を挙げた。明日は中8日で臨むので、1人で投げ切るくらいの気持ちでいってほしい。対する野村とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率4.50。前回は7回無失点と抑えられた。野村も中12日と休養は十分だが、山口のためにも、少なくとも3点は取りたいところだ。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 21:55 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: