2018年07月21日

平成30年名古屋場所 14日目○栃煌山

14日目 ○御嶽海(寄り切り)栃煌山●

立ち合いは互角。左四つの形となる。おたがいに左下手を取っていたが、栃煌山が右上手を取ろうとしたところで御嶽海が巻き替えて右を差し、そこから一気に寄って行って寄り切り。これにより、千秋楽を待たずして御嶽海の初優勝が決まった。

まず今日の一番を振り返ると、四つというのは狙った形ではなかったと思う。たぶんもろ差しを狙いに行ったんだと思うが、その形にはならなかった。しかし、速さと攻めの姿勢、今場所勝ってきた要因であるこの2つが今日も出た。相手に攻められるよりも先に右も差し、そこから一気に攻めて勝負を決めた。今場所のいいところが出た相撲だったと思う。

場所が始まる前は、御嶽海が優勝するとは思っていなかった。初日から休場していたのは稀勢の里だけだったし、2場所連続優勝中の鶴竜や新大関の栃ノ心、もしくは今年初優勝を狙う白鵬の誰かが優勝という予想が大半で、両大関が争いに絡めるかどうかという感じだったと思う。それが白鵬が休場し、鶴竜が休場し、さらに栃ノ心までが休場して、そのあたりで流れが変わってきた。6日目が終わった時点で単独トップに立ったが、その後も勝ち続けて三役で初めて2ケタ勝利を達成。そこからは本格的に優勝も意識したと思うが、勝ったことのない魁聖を破り、高安には敗れたものの、大関豪栄道も破った。そしておそらく経験したことのないプレッシャーの中で今日栃煌山に勝利し、優勝を果たした。一貫して自分の相撲が取れていたと思う。負けた高安戦も含めてよく体が動いていて、その分相手よりも速く攻めていたのがこの優勝につながった。もともと名古屋は相性のいい場所で、3年前は新十両優勝。2年前は初の上位総当たりで負け越したが、大関戦で初勝利。そして昨年は2ケタ勝利こそならなかったものの、勝利したことのなかった稀勢の里と白鵬に勝利していた。地元にいちばん近いこの名古屋場所で優勝できたというのは本人にとっても良かったと思う。

関脇以下の力士の優勝は初場所の栃ノ心以来。日本人力士の優勝は昨年春場所の稀勢の里以来。出羽海部屋の力士の優勝は、昭和55年初場所に全勝優勝を果たした横綱・三重ノ海以来38年ぶり。そして長野県出身力士の優勝は、1909年に優勝制度ができて以来初めて。史上最強力士といわれる雷電が優勝に相当する成績を最後に残した時からは208年ぶりらしい。もちろん、3横綱1大関がいないというのは大きかった。御嶽海は休場した4人には負け越しているし、4人が万全であればこうはいかなかったかもしれない。しかし1つだけ確かなのは、今場所いちばん強かったのは御嶽海だったということだ。

優勝という1つの頂点に立った御嶽海だが、これがゴールではない。御嶽海はまだ関脇で、番付にはまだ上がある。そして上を目指すには、明日、さらに来場所の相撲が非常に大事になってくる。難しいかもしれないが、もう一度気を引き締めてあと1日頑張ってほしい。

千秋楽の相手は豊山。逸ノ城との関脇同士の対戦は組まれず、取組が発表された時点ではまだ優勝の可能性を残していた豊山との対戦となった。過去の対戦は1勝0敗で、先場所、押し出しで勝利している。豊山は初の上位挑戦となった先場所、2勝13敗と大きく負け越し、今場所は西9枚目。7日目までは4勝3敗だったが、そこから連勝を重ね、今日は結びの一番で大関・高安を破り、ここまで11勝3敗。来場所は再び上位に上がってくるだろう。先場所は勝ったが、豊山も内容は良かった。今場所の調子の良さを考えても簡単な相手ではない。しかし、来場所以降を少しでも楽にするために、なにより優勝の場所を良い形で終わらせるために、勝って締めたい。


過去の対戦
30夏 ○御嶽海(押し出し)豊山●

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:05 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよございます☆
やばいです。御嶽海の記事を見るとなお、
気持ちが込み上げてきます。。
東御市の雷電のお墓詣りを、四月にしていたのですね。
ちゃんと、礼を尽くしたので、200年の時を経て雷電さんがチャンスと、プレッシャーに打ち勝つ力を(少し)与えてくれたのもあるかもしれませんねー(^。^)

スポーツ紙、買ったことありませんが
確かに故郷に錦を飾ってくれた御嶽海の勇姿を後にも思い返したい♡

私もスポーツ紙、買いに行ってきまーす
♪( ´▽`)
Posted by tssj at 2018年07月22日 09:27
>tssjさん
コメントありがとうございます。
しばらくは御嶽海優勝の余韻に浸りたいところですね。
いつか雷電のような、伝説に残るような力士になってほしいです。
Posted by K at 2018年07月22日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: