2018年07月30日

2018.07.29 巨人2-9中日

初回、大島のタイムリーで中日が先制。さらに平田のタイムリー、押し出し死球、武山の犠牲フライも出て、いきなり4点を挙げる。続く2回には大島、藤井のタイムリーで2点を追加し、巨人の先発・高田をノックアウト。3回には京田のタイムリーで1点、4回には平田のタイムリー、藤井の内野ゴロの間で2点を追加し、9-0と大量リードを奪う。巨人はその裏、亀井のタイムリーで1点を返し、5回には小林のホームランでもう1点を返すが、差はあまりに大きく、結局このままゲームセット。中日がカード勝ち越しとなった。

先発の高田は2回6失点。プロ初登板は散々な結果となった。たぶんこの結果だと即2軍に戻されると思うが、この経験を力に変えてほしいと思う。今年中にもう1回1軍で投げられるように頑張ってほしい。

中継ぎは、上原に続き、マシソンが抹消の緊急事態。上原はまあ不振ということだが、マシソンは左膝痛というのが非常に心配。抑えは澤村になるようだが、澤村だって不安定だし、その澤村までどうつなぐのか。不安しかない。

打線は2点のみ。ただ、しばらくスタメンで出ていなかった小林がこの3連戦で3試合ともヒットを打って、今日はホームランも打ったのはいい傾向。大城と宇佐美と3人で競い合っていってほしい。

火曜日からは横浜でDeNAとの3連戦。今、DeNAとはゲーム差なしとなっている。ここは勝ち越したい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: