2018年08月03日

2018.08.03 巨人3-4中日

初回、ビシエドの内野ゴロの間とアルモンテのタイムリーで中日が2点を先制。7回、亀井、マルティネスのタイムリーで巨人が同点とするが、その裏、ビシエドのタイムリーで中日が再び勝ち越す。巨人は9回、阿部のタイムリーで再び同点とするが、その裏、大島が押し出し四球を選び、中日がサヨナラ勝ち。カードの初戦を制した。

先発の山口俊は7回3失点。前回ノーヒットノーランを達成した中日相手に初回から失点したが、その後は粘った。ただ、追いついた直後の失点が痛かった。四球が多くなるとなかなか抑えるのも難しい。

9回の土壇場で追いついたが、澤村が台無しにした。四球→犠打処理で悪送球→申告敬遠→押し出し四球という高校野球でもそうそう見ない酷い内容だった。こんなピッチングをする投手を抑えにしなければいけないというのが今の中継ぎの層の薄さを表している。でも実績とか考えずに、田原とかアダメスとかを抑えで試してみてもいいと思うが。

打線は2度追いついたが、勝ち越せず。終盤に追い上げたが、できればもう少し早く吉見をとらえておきたかった。

明日の先発は巨人が菅野、中日が小笠原。先週と同じ顔合わせで、前回は菅野が8回4失点、小笠原が9回無失点で完封と明暗が分かれた。もちろん打線の頑張りも必須だが、菅野は同じ相手に続けて負けるわけにはいかない。絶対に相手より先に失点しないというつもりで投げてほしい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: