2018年08月04日

2018.08.04 巨人6-4中日

初回、岡本の2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、亀澤、大島のタイムリーで中日がすぐさま同点とする。3回、岡本のタイムリーで巨人が勝ち越すが、その裏、ビシエド、平田のタイムリーで中日が逆転する。しかし4回、菅野のタイムリーで巨人が同点とする。その後は中継ぎ勝負となり、迎えた8回、長野のホームランで巨人が勝ち越し。さらに中日・ロドリゲスのワイルドピッチで1点を追加。このリードを守り切った巨人が勝利。このカードは1勝1敗となった。

先発の菅野は5回4失点(自責3)。これで3試合連続4失点以上となった。菅野が3試合連続で結果を残せていないというのはあまり記憶にない。早く復調してほしいところだ。

菅野が5回で降りるまさかの事態となったが、今日は中継ぎ陣が頑張った。2番手で2イニング投げた池田がプロ初勝利、そして9回を投げたアダメスは初セーブということになった。まあアダメスも正直かなり危なっかしかったが、防御率は今のところ0.75だし、もう少し抑えで見てみたい。池田は昨年から比較的信頼できると思うが、貴重な左腕なのでうまく使いたい。

打線は追いつかれ、逆転もされたが再逆転した。岡本は今日のホームランが20号で、1つの節目に到達した。昨年巨人で20本打ったバッターはいなかったのでこれだけで快挙。まだ4年目の岡本がこれだけやってくれているのがとても嬉しい。まだシーズンは3分の1近く残っているし、30本を目指してほしい。

明日の先発は巨人が今村、中日が山井。今村は2週間ぶりの先発。中日戦は今季初登板となる。まずは6回投げ切ることを目標にしてほしい。対する山井とは今季3度目の対戦。これまでは山井から見て0勝2敗、防御率3.00。巨人はあまり打ってはいないが、山井との対戦時は先発投手が頑張って2試合とも勝っている。ちなみに前回の対戦は山口がノーヒットノーランをしたあの試合である。今村にも期待したいが、打線にも山井を攻略するつもりで頑張ってほしい。

タグ:野球 巨人 中日
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: