2018年08月07日

2018.08.07 巨人4-7阪神

初回、ロサリオの満塁ホームランで阪神がいきなり4点を先制。巨人は2回、長野のホームランで1点を返し、4回にも長野のタイムリーで1点を返し、2点差とする。しかし5回、福留、糸井の連続タイムリーで阪神が2点を追加。その裏、大城、陽のホームランで巨人が2点を返すが、7回、糸井の内野ゴロの間に阪神が1点を追加。このまま逃げ切った阪神がカードの初戦を制した。

先発の内海は5回途中6失点。立ち上がりの満塁ホームランが痛かった。今季はここまで安定したピッチングを続けていたが、前回完封した反動だろうか…。

打線は追い上げはしたが追いつけず。ホームランは3本出たが、すべてソロホームランだった。四死球はそこそこもらっていたので、これをもっと活かしたかった。

明日の先発は巨人が吉川、阪神が才木。前回、7回1失点の好投を見せた吉川。阪神戦は今季1試合投げて、5回1失点で勝ち投手となっている。まずはしっかり試合を作ってほしい。対する才木とは、先発では3度目の対戦。前回は5回3失点で、巨人が勝利した。今日は単発の安打が多かったので、つないでいきたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: