2018年08月09日

2018.08.09 巨人2-3阪神

初回、重信のタイムリーで巨人が先制。さらに阿部にもタイムリーが出て、この回2点を挙げる。阪神は3回、福留の犠牲フライで1点を返すと、7回にはナバーロのホームランで同点とする。さらに8回には糸井の特大のホームランが出て勝ち越し。このリードを守った阪神がこのカードの勝ち越しを決めた。

先発の山口俊は7回2失点。ところどころ危ない場面がありながらも抑えていたが、7回に痛恨の一発を浴びた。この回を投げ終えればあとはリリーフに後を託していたと思うので結果が違っていたかもしれないし、本当に痛恨だった。

中継ぎは澤村が打たれた。今日はソロホームランなのでまだストレスも少ないが、またかよという気持ちにはなる。勝ちパターンで計算していた澤村と上原で10敗は多すぎる。

打線は12安打しながら初回の2点のみ。初回はいい形で点が取れたのだが、その後が続かなかった。さらに、マルティネスがヘッドスライディングをしたときに指を負傷し交代した。ガッツはいいんだけど、ついこの間吉川尚がおなじくヘッドスライディングで骨折したばかりなんだから、もう少し気を付けてほしかった。しかもまた二遊間…。その中で、若林についにプロ初安打が出たのは良かった。

明日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。今季の広島戦は4勝12敗。とくにマツダでは0勝8敗と、とても1位と2位の対戦とは思えない成績になっている。1勝でもできればいい。

明日の先発は巨人がメルセデス、広島が野村。菅野も山口も滅多打ちにされる中で広島戦最後の希望がメルセデス。ここまで3勝0敗、防御率0.62のメルセデスだが、広島戦は初登板となる。メルセデスが無理ならもう無理なので、とにかく好投を期待したい。対する野村とは今季4度目の対戦。過去3試合は野村から見て1勝1敗、防御率6.35。前回は5回6失点で野村を打ち崩したが、こっちの投手陣も崩壊して試合は広島が勝利した。広島戦は勝ってはいないが、打っていないわけではない。メルセデスが試合を作ってくれれば、勝機も出てくるはずだ。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:25 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: