2018年08月11日

2018.08.10 巨人3-9広島

初回、鈴木の2ランホームランで広島が先制。4回、岡本のホームランで巨人が1点を返すが、その裏、松山、西川のタイムリーで広島が2点を追加する。広島は6回には再び西川のタイムリーで1点を追加。7回、亀井の2点タイムリーで巨人が2点を返すが、その裏、鈴木の2ランホームランで広島が2点を追加。さらに8回、田中の2ランホームランでダメ押しした広島がカードの初戦を制した。

先発のメルセデスは6回5失点。最後の砦、メルセデスでも広島を抑えることができなかった。メルセデスで無理ならもう無理だ。広島を意識してローテーションを崩さなくていいと思う。

打線は野村を攻略しきれず。前日ヘッドスライディングの後途中交代となったマルティネスはスタメンで出たので大事に至ってなさそうでよかったが、今度は長野が途中交代。これ以上けが人が増えるともうどうしようもなくなるが、とにかく大したことないことであってほしい。

今日の先発は巨人が菅野、広島が大瀬良。前回の広島戦以降調子が悪い菅野。ただ、菅野はエースなのだから、この流れを変えてほしい。好投を期待している。対する大瀬良とは今季4度目の対戦。過去3試合は大瀬良から見て2勝1敗、防御率2.04。大瀬良自身も今季は調子がいいが、菅野には投げ負けてほしくないところだ。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 15:35 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: