2018年08月12日

2018.08.11 巨人2-2広島 2018.08.12 巨人8-4広島

11日 2回、大瀬良がスクイズを決め、広島が先制。6回には丸のホームランで1点を追加する。巨人は8回、大城のタイムリーで1点を返すと、9回、2アウトから陽がホームランを打ち、土壇場で同点に追いついて試合は延長戦へ。その後は両チームランナーを出しながらもあと1本が出ず、このままゲームセット。引き分けとなった。

12日 初回、マギーの犠牲フライで巨人が先制。2回には陽のホームランで1点を追加、さらに5回には山本、岡本、亀井のタイムリー、今村の押し出し四球で4点を追加する。広島はその裏、下水流のホームランで1点を返すが、6回、マギーのホームランで巨人が2点を追加する。広島は8回、鈴木の2ランホームラン、バティスタのホームランで3点を返し追い上げるが、9回は巨人の抑えアダメスが抑えてゲームセット。巨人は昨年8月11日以来のマツダスタジアムでの勝利となった。

先発は、11日の菅野が7回2失点、12日の今村が7回1失点。2日ともに先発が好投を見せた。菅野は期待もしていたが、今村は予想以上によく頑張った。序盤でリードしても追いつかれるのがこれまでの広島戦だったので、今村がリードを保ったのが非常に大きかった。

打線は12日に福井を攻略した。長野が先発を外れる中で重信がよく頑張っている。また山本もこの3連戦で3試合ともマルチヒットと結果を出している。一方で、マルティネスはちょっと厳しくなってきた。坂本が徐々に良くなってきているようだが、もう少しかかりそうなので、それまでは山本のほか、田中、辻、若林あたりが頑張ってほしい。

火曜日からは神宮でヤクルトとの3連戦。ヤクルトは現在、巨人と0.5ゲーム差の3位。1位を狙うのが現実的ではない今、2位を争うヤクルト戦は非常に大事になる。敵地ではあるが勝ち越しておきたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: