2018年09月08日

2018.09.08 巨人7-2阪神

2回、陽川のホームランで阪神が先制。5回、坂本の2ランホームランで巨人が逆転。さらにこの回、岡本、ゲレーロにも2ランホームランが出て、6点を挙げる。さらに7回にはマギーのホームランで1点を追加する。阪神は9回、伊藤のタイムリーで1点を返すが反撃はここまで。2連戦の初戦は巨人が制した。

先発の菅野は7回1失点。先制はされたが、その後は連打を許さなかった。これで12勝目。残りの登板がおそらく3回、多くて4回かなと思うので、残り全部勝って15勝に乗せてほしいところ。

8回はアダメスが投げ、そして9回は山口俊がマウンドに立った。山口自身の問題というよりはリリーフがみんな不安定なので、抑え経験も豊富な山口を回したということだと思う。平気で完投するスタミナを持つ山口をリリーフに回してしまうのはもったいないが、今シーズンの残りだけならばいいんじゃないかと思う。

打線は4ホームラン。中でも注目は岡本で、これで4試合連続ホームラン。そしてついに節目の30号に到達した。オープン戦の時から今季はやってくれると期待はしていたし、いずれこういう成績を残してくれるといいなあと思っていたが、まさか今年、ここまでやるとは。予想のはるか上を行ってしまった。ホームランリーグトップの丸とは5本差で、巨人のほうが試合消化も早いのでタイトルは厳しいかもしれないが、残り17試合でどこまで伸ばせるか。

明日の先発は巨人が今村、阪神が青柳。前回、勝ちはしたものの、8回に炎上して結果7失点となった今村。明日は仮に点差がついても、集中して投げ切ってほしい。対する青柳とは今季初対戦。青柳は先週、今季初登板を果たし、6回途中3失点で今季初勝利を挙げた。序盤でリードしたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: