2018年09月11日

平成30年秋場所 2日目○千代大龍 3日目○玉鷲

2日目 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●

最初の立ち合いで御嶽海が待ったをし、2度目の立ち合い。千代大龍が強烈なかち上げから一気に押し込む。御嶽海はこれを回り込んでなんとか凌ぐ。なおも千代大龍が攻め込んだが、一瞬引いたところを見逃さずに出て押し出し。強烈な当たりをなんとか凌いだ御嶽海が連勝となった。


3日目 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●

立ち合いで踏み込んだのは玉鷲。前に出続ける玉鷲を、御嶽海は回り込みながら凌いでいたが、構わず前に出てきた玉鷲に対して首投げ。軍配は御嶽海に上がったが、物言いがつき、御嶽海の体も飛んでいたということで取り直しとなる。取り直しの一番では再び玉鷲が踏み込むが、今度は御嶽海も押し返して土俵際まで押し込む。そして玉鷲の体がかなり前のめりになったところで冷静に叩き込み。取り直しの一番を制した御嶽海が3連勝とした。


結果を見ると3連勝だが、ヒヤヒヤする相撲が続く。まあ千代大龍も玉鷲も、立ち合いの威力は全力士の中でもトップクラスだと思うので、攻め込まれるのはある程度想定済みだろうが、受けてしまったので厳しい展開になった。ただ、今日の取り直しの一番なんかは吹っ切れたのか立ち合いも少し良くなっていたし、ここから内容も上げていきたい。

明日の相手は逸ノ城。4日目にして早くも関脇同士の対戦が組まれた。過去の対戦は3勝3敗で、このところ御嶽海の2連勝中。先場所も関脇同士だったが、御嶽海が優勝争いをしていて、逸ノ城は勝ち越しギリギリの成績だったためか両者の対戦は組まれなかった。夏場所は押し出しで御嶽海が勝利している。6場所連続勝ち越し中、4場所連続三役の逸ノ城はここまで1勝2敗。初日は遠藤に勝ったが、その後高安、豪栄道の両大関に連敗している。最近は相性も良くなってきているが、やはり苦手な巨漢力士なので、昨日や今日の最初の一番のように後手に回ると危ない。良い立ち合いをしたい。


過去の対戦
28春 ●御嶽海(送り出し)逸ノ城○
29秋 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●
29九 ●御嶽海(押し出し)逸ノ城○
30初 ●御嶽海(寄り切り)逸ノ城○
30春 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●
30夏 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●


序盤の3日間が終わり、3横綱は全員が3連勝。大関陣は高安が3連勝したが、豪栄道、栃ノ心は早くも1敗を喫している。今場所いちばんの注目であろう稀勢の里は2日目、3日目とも相手に攻めこまれたが、土俵際の逆転で勝利をつかんでいる。今場所の稀勢の里に求められるのは、まず15日間最後まで出場することと、そして勝ち越すことだと思うので、3連勝は良いスタートで間違いないのだが、内容がギリギリすぎて、稀勢の里はもつかもしれないが見てるこっちが最後までもたなそう。ただ土俵際で逆転できるというのはそれだけ力も戻ってきているということだと思うので、場所が進んでいくにつれて内容も良くなっていくと思いたい。とりあえず勝ち越して安心させてほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:22 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: