2018年09月12日

平成30年秋場所 4日目○逸ノ城

4日目 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●

立ち合い、しっかりと踏み込んだ御嶽海。逸ノ城が中に入られるのを嫌がって後退したところを前に出る。逸ノ城が左上手を取るが、御嶽海は左を差し、右ははず押しで構わず一気に押し出し。関脇同士の対戦を制し、4連勝となった。

立ち合いもその後の攻めも、今場所ここまでで一番の内容だった。立ち合いはほぼ互角だったが、そこから素早く中に入って先手を取った。逸ノ城に上手を取られて、そこで止まっていたら危なかったかもしれないが、構わず攻め続けたのが勝利につながったと思う。

明日の相手は大関・栃ノ心。今場所は横綱・大関6人が全員出場しているため、序盤から大関戦が組まれた。これまでの対戦は2勝5敗で、このところ栃ノ心の3連勝中。直近の対戦である夏場所は寄り切りで敗れている。栃ノ心は新大関だった先場所、初日から5連勝と好調だったものの、6日目に敗れた際に足の指を痛めて休場。今場所はいきなりのかど番となり、ここまでは3勝1敗。捕まえられたら勝ち目はないが、休場明けということもあって、捕まえられるまでにチャンスはあるはず。11勝するためには、横綱・大関にも最低2勝はしなければいけない。明日勝てばその後が楽になるので、ぜひ勝利をつかんでほしい。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:02 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: