2018年10月04日

2018.10.01 巨人5-8ヤクルト 2018.10.04 巨人4-0広島

1日 2回、大引の2ランホームランでヤクルトが先制。4回、再び大引のホームランと坂口のタイムリーでヤクルトが2点を追加。さらに5回には雄平の3ランホームランが出て、ヤクルトが7点をリードする。巨人は7回に阿部のホームランで1点、8回に坂本のホームランと阿部の内野ゴロの間に2点を返すが、その裏、川端のタイムリーでヤクルトが1点を追加する。9回、亀井のホームランと坂本のタイムリーで巨人が2点を返すが、反撃はここまで。巨人は痛い1敗となった。

4日 5回、岡本のタイムリーで巨人が先制。続く6回には菅野のセーフティースクイズが決まり1点を追加。さらに8回には阿部、長野の2者連続ホームランで2点を追加する。2試合連続完封中の菅野は今日もアクセル全開。広島打線を単発の4安打に抑え、3試合連続の完封。巨人が広島に勝利し、CSに向けて前進した。


先発は、1日の吉川が4回4失点、4日の菅野が9回無失点。吉川はCSに向けて不安になるが、菅野は素晴らしいピッチングだった。これで10度目の完投、8度目の完封、15勝目、さらに200イニングと200奪三振も達成した。これで沢村賞の基準をすべて満たしたことになる。沢村賞はほぼ間違いないか。最優秀防御率と最多奪三振も確実で、あとは大瀬良と並んでいる最多勝がどうなるか。広島の最終戦で大瀬良が登板すると思われるのでその結果次第になりそうだ。巨人もあと1試合残っているが、その試合が絶対に勝たなければいけない試合ならば、中4日あるので菅野が投げる可能性もありそうだ。

打線は1日は5点、4日は4点。タイムリーもホームランも出ている。阿部は2試合連続ホームランで、18年連続2ケタホームランを達成。さらに通算400号に王手をかけた。阿部は来季もやるとは思うが、どうせなら今季中に達成してほしい。

阪神の3位の可能性が消滅し、3位争いは巨人とDeNAの一騎打ちに。巨人が残り1試合で3位に立ち、残り4試合のDeNAが1ゲーム差で追う形になった。ヤクルト戦で負けた時は厳しいと思ったが、DeNAもヤクルトに連敗。最後の試合で巨人が勝った場合、DeNAは全勝が必要で、巨人が敗れた場合、DeNAは3勝1敗以上で3位となる。つまりDeNAは2敗するとアウトで、巨人が有利な状況になった。巨人の最終戦は9日で、その前にDeNAは2試合あるので、巨人は最終戦前にCSが決まる可能性もある。ただ、巨人としてはとにかく最終戦を勝つことに集中すべきだと思う。

最終戦の相手は阪神。阪神は終盤まで3位を争っていたが、ここにきて4連敗し、3位の可能性が完全に消滅。さらに現時点で最下位となっている。巨人の先発は、順当ならば阪神に24イニング投げてまだ1点も取られていないメルセデスだろう。その後の試合状況次第では菅野への継投もあるかも、といった感じではないだろうか。CSに進むにせよ進まないにせよ、レギュラーシーズン最終戦は勝って締めたい。

posted by K at 22:50 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: