2018年10月09日

2018.10.09 巨人9-4阪神

初回、大山の内野ゴロの間に阪神が先制。3回、阿部の2点タイムリーで巨人が逆転。巨人は5回には陽の2点タイムリーで3点差とするが、その裏、鳥谷の内野ゴロの間に阪神が1点を返すと、6回には大山のタイムリーと巨人のエラーで2点を挙げ、同点とする。しかし直後の7回、岡本のホームランで巨人が勝ち越し。さらに小林のセーフティースクイズで1点を追加。8回にはマギーのタイムリー、そして岡本の2打席連続となる2ランホームランで3点を追加。9回は菅野が登板してしっかりと抑えてゲームセット。巨人はシーズン最終戦に勝利し、2年ぶりのAクラスとCS進出を決めた。


先発のメルセデスは6回途中4失点(自責2)。これまで失点したことがなかった阪神戦だが、初回にエラー絡みで失点すると、6回にはタイムリーも打たれて4失点となった。メルセデスでもCSがかかった緊張感があっただろうか。CSでも先発が濃厚なので、しっかり立て直してほしい。

その後は畠、山口俊とつなぎ、最終回は5点リードしていたが菅野を出した。万全を期すという意味もあっただろうが、どういう展開でも出すつもりだったんじゃないかと思う。1イニング、12球だったので、CS初戦に向けていい調整になったはず。

打線は先発野手全員安打だったが、主役は今季チームを引っ張り続けた岡本だった。今日の試合前の時点で97打点だったが、第3打席まで凡退。100打点は厳しいと思われたが、そこから2打席連続ホームランで100打点に乗せた。これにより、史上最年少での100打点、および「3割30本100打点」を達成した。ここまでやるとは思っていなかった。とくに3割を維持したのが見事。このままCSでもがんばってほしい。

最終戦で勝利し、自らの力でCS進出を決めた。借金は4であり、正直これでもしCSを勝ち抜いて日本一になったとしても素直に喜べない感じはするが、それでも昨年はここにも進めなかったので、まずはAクラスに入れてよかった。

CS1stステージの相手はヤクルト。ヤクルトのホーム、神宮での試合となる。今季のヤクルト戦は11勝13敗1分とほぼ五分だが、神宮に限ると3勝6敗となっている。また、とにかく苦手にしているのが小川で、小川の巨人戦防御率は1.53。おそらく初戦の先発だと思われる。こっちはほぼ間違いなく菅野のはずなので、初戦が非常に重要になる。初戦を取れれば、ヤクルト戦防御率0.45のメルセデスも控えているので勝ち抜けが見えてくる。菅野に託す。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:56 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: