2018年10月13日

2018.10.13 CS1stステージ第1戦 巨人4-1ヤクルト

初回、岡本の犠牲フライで巨人が先制。2回、中村のタイムリーでヤクルトが同点とするが、直後の3回、坂本のホームランで巨人が再び勝ち越す。5回、ヤクルトが2アウト2塁のチャンスを作ったところで、巨人は先発の今村から上原にスイッチ。その上原が山田を抑えピンチをしのぐと、さらに6回も三者凡退で抑える。すると7回、陽、亀井のタイムリーで巨人が2点を追加。このリードを畠、山口俊のリレーで守り、1stステージ初戦を巨人が制し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

先発の今村は5回途中1失点。まず、初戦に今村を抜擢したのに驚いたが、後半戦では菅野、メルセデスに次ぐ安定感を見せていたこと、4日前のシーズン最終戦にメルセデスが先発、菅野が抑えで登板したこと、相手の先発が巨人の天敵である小川であることなどを総合的に考えたうえで今村になったのだろう。今村の役割は試合を壊さないことだったと思うが、その役割は果たせたと思う。できれば5回を投げ切ってほしかったが、一応リードしたままで後につないだので最低限の仕事はできた。

今日はリリーフ陣が頑張った。特に見事だったのが今村の後を受けた上原。ピンチの場面で山田から三振を奪い、次のイニングではクリーンナップを三者凡退。これで流れを巨人に持ってきた。こういう大事な場面で実力を発揮するのがさすが百戦錬磨の上原だ。

打線は大量点とはならなかったが、今季0勝4敗、防御率1.53と完全に抑え込まれてきた小川から4点を奪った。まず勝ったというのが明日以降に弾みをつけられる。

最大3試合という短期決戦で初戦を取ったのは非常に大きい。しかも、菅野とメルセデスを残して、小川に勝ったというのがでかい。しかし明日負けると神宮での試合ということもあり、一気に流れが変わる。この勢いのまま、明日一気に決めたい。

明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトが原。満を持して菅野が先発。今月4日の広島戦で完封、そこから中4日で1イニングリリーフ、さらに中4日で明日の先発となる。リリーフも1イニングなので、体力は問題ないだろう。今日リリーフをしっかり使ったので、上原も言っていたが1人で投げ切るつもりで行ってほしい。対するのは原。今季の対戦は1勝1敗、防御率3.13だが、直近の対戦である8月16日は完封された。簡単な相手ではない。今日のように少しずつでも点を取っていって、菅野を楽にしたいところだ。

posted by K at 22:10 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: