2018年10月18日

2018.10.17 CSファイナルステージ第1戦 巨人1-6広島

初回、丸の内野ゴロの間に広島が先制。広島は4回には鈴木の2ランホームラン、曾澤のタイムリーで3点を追加する。巨人は6回、マギーのタイムリーで1点を返すが、広島は7回に丸のホームラン、8回には安部のタイムリーでそれぞれ1点を追加。このリードを守った広島が勝利し、アドバンテージを含めて2勝0敗とした。

先発のメルセデスは4回途中4失点。最初の一巡は抑えていたが、二巡目で捕まった。メルセデスはそもそも広島戦が得意というわけでもないので期待しすぎたのかもしれないが、それでも大事な初戦なのでもう少し頑張ってほしかった。

打線も大瀬良の前に沈黙。岡本はいまだノーヒット、阿部は自打球を当てて交代と不安材料も多い。1stステージの勢いが完全になくなってしまった。

明日の先発は巨人が田口、広島がジョンソン。田口は9月13日以来の一軍マウンド。おそらく今季もっとも期待を裏切ってしまった選手であろう田口がチームを救うピッチングを見せられるか。対するジョンソンとは今季3度対戦。ジョンソンの2勝0敗、防御率3.50となっている。打線はとにかく岡本が打たなければ始まらない。まずはヒットでいいので1本打ってほしい。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 00:45 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: