2018年10月19日

CSファイナルステージ第2戦 巨人1-4広島 第3戦 巨人1-5広島

第2戦 巨人・田口、広島・ジョンソン、両チームの先発が好投し、5回まで0-0。6回、マギーのタイムリーで巨人が先制。しかし8回、広島は新井のタイムリーで同点に追いつくと、さらに菊池の3ランホームランが出て逆転。このリードを守った広島が連勝となった。

第3戦 2回、野間のタイムリーと安部の内野ゴロの間に広島が2点を先制。3回は丸のホームランで1点、5回は巨人のエラーにより2点を追加する。巨人は6回、マギーのタイムリーで1点を返すが、その後は広島のリリーフ陣から点を奪えず、このままゲームセット。広島が3連勝で日本シリーズ進出を決めた。

先発は2戦目の田口が6回無失点、3戦目の今村が3回途中3失点。田口は最後の最後で今季最高に近いピッチングを見せた。まだ若いんだし、来季の復活に期待する。一方、ヤクルト戦では好投した今村は試合を作れず。こちらも今季は成長を見せたので来季に期待。

打線はとにかく打てなかった。この3試合の総得点が3で、すべてマギーのタイムリー。ほかの選手は1点も取れなかった。今季の広島戦はそこそこ打つがそれ以上に打たれて負けるという試合が多かったのだが、打線が完全に湿ってしまった。そこそこ打てたのは坂本とマギー、田中くらいで、あとはCSを通じて今日の1安打のみに終わった岡本をはじめ本来の力を出せないままだった。岡本や田中には今回の経験を生かしてさらに成長してほしい。

結局広島からは1勝もできずに終わった。まあシーズン中からこてんぱんにやられていたので想定もしていたし、3位から勝ち上がってここまで来たのでそんなに悔しさもない。広島はやはり強かった。相手が西武になるかソフトバンクになるかはわからないが、今年こそセリーグのチームに日本一になってほしいので、頑張ってほしい。

今日で巨人にとっては今季が終了となるので、由伸監督も今日が最後の試合となった。個人的に、昨年までは原監督の残した戦力で戦っていたようなイメージがあって、由伸監督が自分のチームを作ったといえるのは今季だけだと思っているので、正直もう1年は見たいと思っているが、本人が決めたことなのでしょうがない。今季はシーズンは借金で終わったが、岡本、吉川尚、田中など、これからの巨人の中心になり得る戦力は確かに出てきた。この後は再び原監督が指揮を執ることになるが、原監督には由伸監督の下で育った選手たちを使って優勝争いをしてもらい、どうかこの3年間が必要だったと証明してほしいと思う。

由伸監督、本当にお疲れさまでした。

タグ:野球 巨人 広島
posted by K at 22:49 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: