2018年10月25日

プロ野球ドラフト会議2018 12球団1位指名選手&巨人全指名選手

本日、プロ野球ドラフト会議2018が行われた。今年の全球団の1位選手と巨人が指名した全選手のまとめ。


各球団1位指名(○は抽選で当たり、×は抽選で外れたことを示す)

セリーグ
広島 小園海斗○
ヤクルト 根尾昂×→上茶谷大河×→清水昇
巨人 根尾昂×→辰己涼介×→高橋優貴
DeNA 小園海斗×→上茶谷大河○
中日 根尾昂○
阪神 藤原恭大×→辰己涼介×→近本光司


パリーグ
西武 松本航
ソフトバンク 小園海斗×→辰己涼介×→甲斐野央
日本ハム 根尾昂×→吉田輝星
オリックス 小園海斗×→太田椋
ロッテ 藤原恭大○
楽天 藤原恭大×→辰己涼介○


1回目の指名で一本釣りをしたのは松本を指名した西武のみ。小園、根尾に4球団、藤原に3球団が競合し、それぞれ広島、中日、ロッテが交渉権を獲得した。さらに外れ1位でも辰己に4球団、上茶谷に2球団が競合し、楽天とDeNAが交渉権を獲得。外れ外れ1位は競合せずに全球団が1巡目指名を終えた。注目度では根尾と並んで高かった吉田は最初の指名では名前が出ず、外れ1位で日本ハムが単独指名した。日本ハムは吉田もそうだけど、有名な選手の指名が多くてらしいなと思う。

巨人が根尾や辰己を当てられなかったのは残念だが、最初の指名で競合した3人のうち2人がセリーグに来たのは良かった。ここ数年注目選手がパリーグに行くことが多かったので、根尾と小園が来たのは嬉しい。


続いて、巨人が指名した選手。

支配下指名選手
1位 高橋優貴(たかはし・ゆうき) 大学生 八戸学院大学 投手
2位 増田陸(ますだ・りく) 高校生 明秀日立高校 内野手
3位 直江大輔(なおえ・だいすけ) 高校生 松商学園高校 投手
4位 横川凱(よこがわ・かい) 高校生 大阪桐蔭高校 投手
5位 松井義弥(まつい・よしや) 高校生 折尾愛真高校 内野手
6位 戸郷翔征(とごう・しょうせい) 高校生 聖心ウルスラ高校 投手

育成指名選手
1位 山下航汰(やました・こうた) 高校生 健大高崎高校 内野手
2位 平井快青(ひらい・かいせい) 高校生 岐阜第一高校 投手
3位 沼田翔平(ぬまた・しょうへい) 高校生 旭川大高校 投手
4位 黒田響生(くろだ・ひびき) 高校生 敦賀気比高校 内野手


育成を含めて10人指名したが、1位の高橋を除いて全員が高校生、しかも投手と内野手のみというかなり極端な指名になった。昨年は逆に支配下で高校生を1人しか取らず、捕手を育成含めて4人取ったので、まあ2年合わせればバランスは取れているのか…?高校生ばかりということで、このドラフトが良かったかどうかを判断するには数年かかるだろう。まあくじを外しているので、現時点では大成功ではないが、今後の活躍次第では大成功にすることも可能。

唯一高校生以外で指名されたのが1位の高橋。1位予想に名前が入っていなくて正直知らなかったが、大学のリーグ戦ではリーグ新記録となる通算301奪三振を記録。ちなみにこれまでその記録を持っていたのは、今年パリーグで最多勝を獲得した西武の多和田だった。左腕ということで、一軍なら宮本コーチ、二軍なら杉内コーチがいる。このところの投手のドラフト1位は桜井、鍬原とまだ一軍で活躍できていないが、高橋は速めに出てこられるよう頑張ってほしい。もちろん、桜井と鍬原にも期待している。あとは長野県民としては松商学園の直江が指名されたのが嬉しい。いつか一軍のマウンドに上がれるよう、しっかり成長していってほしいと思う。

昨年のドラフトは、直後は「どうなんだ」と言われていたが、シーズンでは大城と田中が一軍で半分以上の試合に出場するなど、本指名8人中5人が一軍の試合に出場し、1年目としては上々の結果を残した。今回指名された選手たちはさらに長い期間見る必要があるだろう。もしかしたら原監督の任期が終わるまでに出てこないかもしれない。それでもいい、時間がかかってもいいから出てきてほしい。そして巨人を再び強いチームにしてほしい。未来に期待が膨らむドラフトだった。

タグ:野球 巨人
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: