2018年11月22日

平成30年九州場所 12日目□豪栄道

12日目 □御嶽海(不戦勝)豪栄道■

御嶽海にとって今場所初の大関戦となるはずだったが12日目だが、豪栄道が「右大胸筋上腕骨付着部筋断裂」によって本日から休場。これによって御嶽海は不戦勝となり、6勝目を挙げた。

豪栄道が痛めたのは7日目ということで、その後も取り続けて勝ち越したのが驚きだが、確かに今思えば変化気味の立ち合いもしていて、そういうことだったのかと納得した。でもまあ勝ち越しているので来場所もかど番ではないし、これ以上無理せずに治して、来年に備えるという感じか。

御嶽海としてはラッキー以外の何物でもない。これをなんとか勝ち越しにつなげたい。3連敗中だったが、今日の不戦勝で流れも変わったと思いたい。

明日の相手は千代大龍。過去の対戦は5勝4敗で、先場所は押し出しで御嶽海が勝利した。千代大龍は今場所東5枚目で、ここまで5勝7敗。6日目まで5勝1敗と好調だったが、そこから6連敗で後がなくなっている。御嶽海は一気に持っていかれることだけ防げばこっちのペースにできそうな気がするが、今場所は御嶽海自身の調子も日ごとに違うので何とも言えない。それでもまだ2大関との対戦が残っているので、明日は絶対に勝っておきたい。


過去の対戦
27九 ●御嶽海(引き落とし)千代大龍○
28初 ●御嶽海(寄り切り)千代大龍○
28春 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●
29秋 ●御嶽海(叩き込み)千代大龍○
29九 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●
30初 ○御嶽海(寄り切り)千代大龍●
30春 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●
30夏 ●御嶽海(突き出し)千代大龍○
30秋 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●


1敗の貴景勝は今日も勝って11勝目。優勝にまた一歩近づいた。2敗勢は高安は勝ったものの大栄翔と碧山が敗れ、高安1人に。3敗勢は豪栄道が休場となったが、隠岐の海、阿武咲は勝利。1敗貴景勝、2敗高安、3敗大栄翔、隠岐の海、碧山、阿武咲と変わった。明日は貴景勝が碧山と、高安が大栄翔と対戦。本来であればおそらく明日にでも貴景勝と高安の直接対決が組まれるはずだったのだが、豪栄道が休場したことで急遽、他の優勝争いに絡む力士との対戦が組まれた。こうなると気になるのが直接対決をいつ組むか。高安の残りの相手は貴景勝と御嶽海で、番付順ならば貴景勝は14日目となるが、2人が優勝争いをしているので千秋楽にもっていく可能性もある。ただ一方でそうすると、直接対決前に優勝が決まってしまうおそれもある。審判部がどういう組み方をしてくるのか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:10 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: