2018年11月25日

平成30年九州場所 千秋楽○高安

千秋楽 ○御嶽海(掬い投げ)高安●

立ち合いは互角。御嶽海がもろ差しのような形になり、高安が巻き替えようとしたところを御嶽海が一気に寄るが、高安は下手を取ってこれをなんとか凌ぐ。御嶽海が頭をつけた形でしばらく膠着するが、高安が左で下手を取り、右は御嶽海の腕を抱えるようにして胸を合わせる。高安が上手に手をかけたところで御嶽海は巻き替えてもろ差しになり、高安の上手も切れる。高安はそれでも前に出ようとしたが、御嶽海が右からの掬い投げ。これが決まり、今年最後の一番は御嶽海が勝利。そしてそれと同時に、小結・貴景勝の初優勝が決まった。

途中までは高安のペースだった。御嶽海は立ち合いでもろ差しになって一気に攻めたが、そこで勝ち切れず、そして徐々に胸が合ってきたところでこれは高安が勝つかと思ったのだが、しかし今日は高安が我慢できなかった。もし高安が落ち着いて攻めていれば、もしくは御嶽海が先に仕掛けていたら、高安が勝っていたと思う。組んだら絶対高安のほうが強いんだから。それでもこういう結果になってしまったのは、優勝のプレッシャーだろうか。

御嶽海は最後になんとか勝って7勝8敗。負け越しとなったが、おそらく来場所も三役には残れるだろう。今場所優勝争いをした貴景勝と高安の両方に土をつけた唯一の力士であり、存在感は示したと思うが、どっちかというとその2人に勝っておきながらどうして勝ち越せなかったのかという悔しさのほうが強い。勝った相撲は貴景勝戦など、とてもいいものもあった。しかし負けた一番はバタバタしたものも多く、波が激しかった。大関とりはいったん白紙に戻るが、この負け越しを機にもう一皮むけてほしい。来年は26歳となり、そろそろ若手とも呼べない年齢になる。そして貴景勝に番付を抜かれることになる。うかうかしていられない。来年こそは大関をつかみ取ってほしい。


ということで、優勝は貴景勝だった。先に土俵に上がった貴景勝は錦木に勝利。優勝決定戦を見据えて準備していたが、結びで高安が敗れたことで初優勝が決まった。22歳3か月での優勝は史上6番目の若さ(年6場所制になってから、以下同様)、初土俵から26場所目での優勝は史上4位タイ(幕下付け出しを除く)、小結での優勝は史上9例目となった。今場所は内容も本当に強いと感じる相撲が多く、敗れた高安戦も内容では上回っていた。文句なしの優勝だと思う。前親方もきっと喜んでいるだろう。これで大関候補にもなるが、まずは来場所どうなるか。先場所小結で9勝しているため、数字上は11勝すれば来場所後にも昇進となるが、一気に決められるか。

一方、初優勝を目前で逃したのは高安。今日勝てば優勝決定戦に持ち込めたが、攻め急いで御嶽海に敗れた。勝てる一番だっただけに本人の悔しさは相当なものだろう。次の横綱に近い位置にいるのは間違いないが、早く初優勝したいところだ。

これで今年の大相撲本場所も終了。今年は栃ノ心、御嶽海、貴景勝が初優勝と初優勝ラッシュだった。栃ノ心は大関に昇進、残る2人もこれから大関を目指す地位におり、とくに御嶽海と貴景勝は世代交代も狙う。横綱は鶴竜が2回、白鵬が1回優勝したが、鶴竜は2場所、白鵬は4場所、そして稀勢の里は5場所で休場と、衰えが見えている。3横綱の状態次第では、来年も混戦が続くことになりそうだ。

力士の皆さん、関係者の皆さん、1年間お疲れさまでした。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:39 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: