2019年01月08日

丸佳浩の人的保証は長野久義に

広島からFA移籍した丸佳浩の補償として、長野久義が移籍することが発表された。

内海の時も思ったけど、内海以上にどうしてプロテクトを外したのかがわからない。2年連続で3割を超えてタイトルを獲っていたころの力はないかもしれないが、昨年も2割9分、13本打っている。長野としては物足りなくてもチームにとっては間違いなく戦力であり、丸と長野+約1億だとするとこれはもうほとんどトレードだろう。今年優勝するために丸を取ったはずなのに、その代わりにレギュラーを取られて、果たして優勝する気があるのか。

長野はここぞで決める印象が強かった。特に印象に残っているのは2011年のシーズン最終戦で、内海の最多勝を決める代打逆転満塁サヨナラホームランを打った試合。20年近く巨人戦を見てる中でもトップクラスに記憶に残っている試合だが、まさかあの試合の主役2人が1か月もしないうちに2人とも巨人からいなくなるとは思わなかった。ちなみにあのときホームランを打たれたほうである山口俊は巨人にいるということで、本当に何があるかわからない。

決まってしまったものは仕方ない。長野には広島でも頑張ってほしい(できれば巨人戦以外で)。そしておそらくだが長野が漏れたということは、その分若手選手がプロテクトされたはずなので、若手たちには一層頑張ってほしい。丸はともかく、陽や亀井からはレギュラーを奪い取るくらいのつもりでやってほしい。重信や和田恋、松原あたりに期待している。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: