2019年01月30日

平成31年初場所 千秋楽●錦木

千秋楽 ●御嶽海(極め出し)錦木○

立ち合い、御嶽海は相手の体を起こすが、錦木はすぐに前傾姿勢に。御嶽海はもろ差しの形になるが、錦木はその両腕を極めたまま一気に寄って御嶽海を土俵の外へ。御嶽海は極め出しで敗れ、今場所は8勝4敗3休。3横綱1大関、さらに優勝した玉鷲など2関脇に勝利した点などが評価され、自身4度目となる殊勲賞を獲得した。

まず千秋楽の相撲だが、もろ差しにはなったものの、中に入りきれなかったというのが極められてしまった理由だろう。今の御嶽海は一気に勝負を決めたかったところだろうが、ああして動きを止められてしまうと厳しかった。

今場所は8勝4敗3休という成績だったが、上記の理由によって殊勲賞を獲得した。三賞が制定されてから70年以上経つが、途中休場した力士が三賞を受賞するのは史上初となった。また、関脇以下の力士が3横綱に勝利したのは1984年春場所の大乃国以来35年ぶりで、8勝ながら記録ずくめの場所となった。実際、初日に引退をかけていた稀勢の里に勝ってその後の流れを作り(作ってしまい)、後に優勝争いをする両関脇にも勝利、そして優勝に向けて独走状態だった白鵬を休場明け最初の取組で下して優勝争いの流れをガラッと変えるなど、今場所の影の主役といってもいい大活躍ぶりだったと思う。

だからこそ、いろんな意味でケガが非常に痛かった。ケガする前までは全勝していたわけだし、もし何事もなければ優勝争いに加わっていてもおかしくなかった。なんとか相撲ができる状態まで持ってきて再出場し、そして勝ち越しまでこぎつけたが、無理をした分完治までの期間も延びただろう。とにかくまずはしっかり治すことに集中してほしいと思う。そしてそれと同時に、今後はケガをしない体、取り口を目指してほしい。体に関しては解説で言っている方もいたが、もう少し体重を落としたほうがいいんじゃないかと思う。今の体重は170キロあり、体重が増えた分パワーも増しているのは感じるが、その分膝などに負担がかかってしまう。初めて幕内上位で大勝ちした2年前は160キロくらいだったし、技術面が磨かれた今の御嶽海なら多少体重を落としても勝てると思うので、徐々にでいいので減量してほしいなと思う。相撲の内容としては、今回ケガしたときは引いて、土俵際でこらえたときに痛めたような感じだったので、基本の前に出る相撲を徹底してほしい。

来場所は東小結が濃厚で、また序盤から横綱・大関戦が組まれることが予想される。今場所御嶽海に負けた白鵬、鶴竜、豪栄道といったところは当然リベンジを狙ってくるだろうが、今場所得た経験をもとに、来場所は自分が主役になれるよう頑張ってほしい。


今場所の優勝は玉鷲だった。勝てば優勝の一番で遠藤を破り、悲願の初優勝を果たした。34歳2か月での初優勝は、6場所制になってからは旭天鵬に次ぐ史上2位の年長記録となる。長くいる力士だが上位に定着したのはこの2年ほどで、非常に遅咲きなのがわかる。御嶽海を追いかけている身としては、上位に定着したタイミングがほぼ一緒で、対戦回数も一番多い玉鷲が優勝したというのがなんだか感慨深い。対戦成績は御嶽海が圧倒しているが、ライバルの1人と言っていいだろう。玉鷲としては大関を目指すのであれば、御嶽海は大きな壁の一つとなりそうだ。

優勝と大関昇進がかかっていた貴景勝は玉鷲の優勝が決まった後に登場。豪栄道に敗れて11勝4敗となり、今場所後の大関昇進は見送られた。これは個人的にはちょっと納得がいかない。まあ確かに千秋楽の内容は酷かったけど、目安と言われている「三役で3場所合計33勝」はクリアしているし、直近の場所も11勝。これでダメだというなら最初からもっと条件を付けておくべきだと思う。「三役在位を○場所すること」とか「三場所とも10勝以上していなければいけない」とか。まあ、もう決まってしまったものは仕方ないので、貴景勝には来場所こそ大関昇進を決めてほしい。

来場所はいよいよ平成最後の場所となる。稀勢の里が引退し、白鵬、鶴竜の2横綱も2場所連続で休場するなど不安定。大関陣も栃ノ心は来場所かど番で、高安と豪栄道はなんとか勝ち越したものの10勝にも届かず。ここ4場所のうち3場所で初優勝力士が誕生、しかもいずれも関脇以下であるなど、誰にでも優勝のチャンスがある状態だ。平成を引っ張ってきたベテランが勝つか、それとも次の時代の主役を狙う若手が勝つか。春場所は3月10日から。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 18:04 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: