2019年02月04日

AKB48 55thシングル選抜メンバーが発表

3月13日発売予定のAKB48の55thシングルの選抜メンバーが発表された。

AKB48 55thシングル選抜メンバー
岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、坂口渚沙、下尾みう、高橋朱里、向井地美音、矢作萌夏(初選抜)、山内瑞葵、横山由依(以上AKB48)、菅原茉椰、須田亜香里、松井珠理奈(以上SKE48)、白間美瑠、吉田朱里(以上NMB48)、指原莉乃(センター)、田中美久、松岡はな(以上HKT48)、荻野由佳、中井りか(以上NGT48)、瀧野由美子(STU48)


以上22人。兼任を除いたグループごとの内訳は、AKBが11(うちチーム8が4)、SKEが3、NMBが2、HKTが3、NGTが2、STUが1。

センターは指原莉乃。すでに卒業を発表しているさしこにとって、AKBでのセンターは「#好きなんだ」以来で、総選挙選抜曲以外での表題曲センターは最初で最後となる。今作がラストなのはわかっていたが、今まで総選挙以外でセンターをやっていなかったし、姉妹グループのメンバーが卒業するときにAKBのセンターをやったこともなかったので、何となく今回もないのだろうと思っていたからちょっと驚いた。ただ、さや姉とか玲奈とかと違うのは元々はAKBだったというところで、その辺も理由としてあると思う。あとは卒業までにHKTのシングルが出ない可能性があるとかだろうか。

初選抜は矢作萌夏1人。人気・実力・勢い、どれをとっても申し分ない。まあ間違いなく入るだろうと思っていたし、なんならいきなりセンターをやらせるんじゃないかと思っていたが、さすがにいきなりそこまで背負わせることはしなかったか。でも次のシングルは順当なら総選挙の投票権付きシングルになって、ある意味何をやっても売れるので冒険もできる。次のシングルのセンターの最有力候補だと思っている。

その他のメンバーは、どちらかというと入ったメンバーより落ちたメンバーのほうに驚きが多い。そもそも今回は22人選抜で、総選挙選抜を除くと「ハイテンション」以来の少人数というのもあるが、選抜常連だったれなっち、こじまこ(卒業するのもあるだろうが)や定着し始めていたこみはる、ゆいりーといったところが選ばれていない。また姉妹グループでもSKE小畑優奈、NMB山本彩加といった期待の若手メンバーが入っていない。ちなみに今書いた6人は前作「NO WAY MAN」でも入っていない。前作は『PRODUCE 48』の結果が反映された、ある意味特殊な選抜だと思っていたのだが、選抜枠の減少によって弾き出されたままになってしまった感じか。

ちなみに今回、一部収録内容も発表されているが、どうやら全部合わせて収録曲は6曲で、これは最近のAKBのシングルとしては少ない。しかも1曲は昨年の『FNS歌謡祭』で披露された曲「必然性」なので新曲は5曲となる。今年は年始恒例だったアルバムもなかったが、忙しいのだろうか…。

posted by K at 22:56 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: