2019年03月11日

平成31年春場所 2日目●高安

2日目 ●御嶽海(押し出し)高安○

立ち合い、体当たりできた高安に対し、御嶽海は素早く左を差し、一気に寄る。しかし高安は土俵際でこれを耐え、半身の形に。対する御嶽海は頭をつけ、右で相手のさがりをつかんだり、相手の左足の内側に手を入れたりしながら差されるのを防ぐ。両者がなかなか動かず、2分が経とうとしたその時、少し動いた高安に御嶽海が反応。引いて勝負を決めようとするが、高安がこれにしっかりとついていき、そのまま押し出し。熱戦を高安が制し、御嶽海は1勝1敗となった。

膠着状態にあるとき、体勢は御嶽海のほうが良いように見えたのだが、苦しくもあったんだと思う。なので思わず引いてしまったのでは。最後のところは、高安が御嶽海の体を起こそうとしたのか少し動いて、それに御嶽海が反応したように自分には見えた。動くのは別に悪いことではないけど、引いてはいけなかった。ただ、負けたとはいえ長い相撲でも耐えられたのは収穫だと思う。

明日の相手は関脇・貴景勝。過去の対戦は6勝3敗で、このところ御嶽海が4連勝中。先場所は寄り切りで勝利した。大関取りに挑戦中の貴景勝は、昨年秋場所に9勝、九州場所に13勝で優勝、初場所に11勝。大関昇進の目安である33勝を達成しながらも昇進を見送られた。いろんな理由はあるのだろうが、もしこの3場所で1回でも御嶽海に勝っていれば、もしかしたら今場所は大関だったかもしれない。そういう意味では、貴景勝にとって明日が最初の大きなヤマ場になるだろう。今場所は初日、2日目とも文句なしの相撲を見せており調子も良さそう。御嶽海は相性がいい相手だが心してかかりたい。力もあるがいなしも上手い力士なので、相手のペースにはまらないようにしたい。

過去の対戦
29名 ●御嶽海(押し倒し)貴景勝○
29秋 ○御嶽海(引き落とし)貴景勝●
29九 ●御嶽海(押し出し)貴景勝○
30初 ○御嶽海(引き落とし)貴景勝●
30春 ●御嶽海(押し出し)貴景勝○
30名 ○御嶽海(送り倒し)貴景勝●
30秋 ○御嶽海(突き落とし)貴景勝●
30九 ○御嶽海(叩き込み)貴景勝●
31初 ○御嶽海(寄り切り)貴景勝●
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:08 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: