2019年03月13日

平成31年春場所 3日目○貴景勝

3日目 ○御嶽海(寄り切り)貴景勝●

立ち合い、強く当たったのは貴景勝。御嶽海の体を起こし、突き放していこうとするが、御嶽海は前傾姿勢を崩さず対応。貴景勝がいなそうとしたところを一気に寄って土俵際まで追い込む。貴景勝はこれを耐えて、首投げのような素振りも見せたが、最後は回り込もうとしたところを御嶽海が寄り切り。御嶽海は対貴景勝戦5連勝とし、白星先行となった。

貴景勝は初日、2日目と全力士の中でもトップクラスに内容が良かったが、その貴景勝に完勝といっていい内容で勝利した。相性が良いというか、対処法がしっかり頭に入っている感じがする。立ち合いも当たり負けたように見えたが後ろに下がってはいないし、中に入るタイミングをうかがっていたのかもしれない。そしていなそうとしたところを見逃さずに攻めた。

ここまで3日間相撲を見てきたが、今のところケガの影響はあまり感じられず、今の状態より悪化させたりしなければ勝ち越しだけじゃなく10勝も十分狙えるんじゃないかと思う。このまま前に出る相撲を取り続けてほしい。

明日の相手は玉鷲。過去の対戦は15勝2敗で、現在7連勝中。先場所は押し出しで勝利した。先場所は5日目に対戦し、その時点で3勝2敗だった玉鷲だが、その後は勝ち続け、8日目に豪栄道、9日目に高安を破ると、12日目には14度目の挑戦で白鵬に初勝利。ここで優勝争いのトップに並び、その後も勝ち続けて悲願の初優勝となった。今場所も大勝ちすると一気に大関という可能性も出てくるところだが、2日目は大栄翔、3日目は妙義龍と平幕に連敗し、ここまで1勝2敗。大関を狙うのであれば、前半戦はもう負けられないところだ。御嶽海はとにかく相性のいい相手なので、普段通りに臨んでほしい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
28初 ○御嶽海(押し倒し)玉鷲●
28秋 ○御嶽海(寄り切り)玉鷲●
28九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29初 ○御嶽海(突き出し)玉鷲●
29春 ○御嶽海(上手出し投げ)玉鷲●
29夏 ○御嶽海(掬い投げ)玉鷲●
29名 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29秋 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○
29九 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○
30初 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
30春 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
30夏 ○御嶽海(引き落とし)玉鷲●
30名 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
30秋 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
30九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
31初 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●


3日目が終わって、三役以上の全勝は白鵬と豪栄道の2人。平幕では逸ノ城、碧山、琴奨菊、竜電、石浦の5人が全勝となっている。白鵬と豪栄道ともに調子も良さそうで、このまま2人が引っ張っていく展開となるのか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: