2019年03月14日

平成31年春場所 5日目●北勝富士

5日目 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○

立ち合い、頭で激しくぶつかった両者。北勝富士が引いたところを御嶽海が出るが、北勝富士が回り込んで凌ぐ。北勝富士が頭をつけたところで今度は御嶽海が引くが、そこを北勝富士が出る。ここは耐えた御嶽海だったが、再び引いてしまい、そこを出た北勝富士が押し出し。御嶽海は3勝2敗で序盤戦を終えた。

立ち合いからの展開は良い感じだったが、引いてしまった。引くのもタイミングが良ければうまくいくが、今日は2回とも良いタイミングとは言えなかった。もったいない負け方だったと思う。

序盤5日間を終えて3勝2敗。相手がすべて三役以上と考えれば悪くない。勝った相撲は内容も良く、心配されたケガの状態も思っていたよりは良さそう。一方で負けた2番はいずれも引いて負けている。好き好んで引いているわけではなく相手に引かさせられているのだろうとは思うが、明日からは引いてしまいそうなところで我慢をしてほしい。前に出る相撲を貫けば、結果が変わる相撲もあるはず。まずは勝ち越しに向けて中盤戦頑張ってほしい。

明日の相手は大関・栃ノ心。過去の対戦は3勝6敗で、直近の対戦である昨年九州場所は寄り切りで栃ノ心が勝利した。先場所は1勝もできずに途中休場し、今場所はかど番の栃ノ心。しかし2日目は妙義龍、3日目は北勝富士に敗れ、ここまで3勝2敗。後半戦は上位との対戦が続くことが予想されるため、前半戦はもう負けたくないところだろう。栃ノ心は相撲の内容を見る限りまだ万全でないように思えるが、四つに組んでしまったら御嶽海に勝ち目はほぼない。突き放していって、そのまま押し切るか、中に入って一気に寄るか、というのが狙い目だろう。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○

序盤戦を終えて、全勝は白鵬、豪栄道、逸ノ城、琴奨菊の4人。1敗で鶴竜、高安らが追う。全勝の2人は言うまでもなく、他の横綱・大関陣も白星を先行させており(本来それが普通なのだが)、平成最後の場所にふさわしい序盤戦になっているのではないだろうか。注目の両関脇は貴景勝が今日敗れて2敗、玉鷲は早くも3敗。関脇はこれから上位と組まれることを考えると、できれば1敗以内で行きたかったところだと思う。ただ玉鷲は今日の勝利でのっていけるかもしれないし、貴景勝は敗戦を引きずらないタイプの力士なので、ここからの巻き返しを期待したい。


タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:04 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: