2019年03月16日

平成31年春場所 7日目●豪栄道

7日目 ●御嶽海(送り出し)豪栄道○

立ち合い、豪栄道が張り、すぐにもろ差しの形に。御嶽海は首投げで抵抗しようとするが、豪栄道は左でしっかりとまわしをつかみ、送り出し。御嶽海はいいところなく3連敗となり、黒星先行となった。

今日は完敗だった。立ち合いからずっと豪栄道のペースだった。もろ差しになりたいのはどっちかというと御嶽海のほうなのだが、張ってくるのは予想外だっただろうか。豪栄道は昨日敗れていたので、気持ち的に落ちているのではないかとも思ったが、逆にしっかり引き締めて臨んだようだ。

明日、中日の相手は魁聖。過去の対戦は1勝6敗で、直近の対戦である昨年九州場所は寄り切りで魁聖が勝利している。東筆頭の魁聖は上位戦が続き、ここまで7連敗。しかし御嶽海にとっては天敵と言ってもいいほど相性の悪い相手で、調子は関係ない。今日玉鷲が魁聖にやったように徹底して突き放して押しきることができれば勝利も見えてくるはず。番付順でいうと9日目に白鵬戦が組まれるはずで、そこを4勝4敗で迎えるのと3勝5敗で迎えるのは全然違う。苦手な相手ではあるが、乗り越えて後半戦に向かいたい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28名 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
30名 ○御嶽海(押し出し)魁聖●
30秋 ●御嶽海(寄り倒し)魁聖○
30九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: