2019年04月03日

2019.04.03 巨人6-3阪神

3回、丸の3ランホームランと岡本のホームランで巨人が4点を先制。7回、岡本の2点タイムリーで巨人が突き放す。阪神は8回、近本の2点タイムリー、糸井のタイムリーで3点を返し、9回にもチャンスを作ったが、最後は巨人の抑え・クックが切り抜けてゲームセット。巨人は4連勝で2カード連続の勝ち越しを決めた。

先発のメルセデスは8回3失点。8回につかまったが、7回までは素晴らしいピッチングだった。8回も自分で投げ切ったし。今季も活躍してくれそう。

打線は丸と岡本で全6打点。クリーンナップの本領発揮といった感じ。5番以降は選手を入れ替えたりしてまだいろいろ試している感じだが、4番までは盤石で頼もしい。

明日の先発は巨人が高橋、阪神が浜地。ドラフト1位ルーキー高橋がプロ初登板・初先発となる。ここ数年、巨人のドラフト1位はコンディション不良などで開幕は出遅れることが多かったが、高橋はここまで順調に来た。チームの調子が良く、勝たなければいけないプレッシャーも比較的少ない中でマウンドに上がれると思うので、自分の力をしっかり出し切って、初勝利を狙っていってほしい。対する浜地は高卒3年目の投手。過去2年は1軍登板がなく、浜地にとっても明日が1軍初登板・初先発となる。フレッシュな両先発がどういうピッチングをするか。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:20 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: