2019年04月17日

2019.04.16 巨人8-2広島

初回、ゲレーロのタイムリーで巨人が先制。2回には、丸の内野ゴロの間に1点、ビヤヌエバのタイムリーで2点の計3点を追加する。4回、鈴木のホームランと西川の犠牲フライで広島が2点を返す。しかし6回、広島のワイルドピッチと丸の犠牲フライで巨人が2点を追加。7回にも岡本、陽のホームランで2点を追加した巨人が九州での2連戦の初戦で快勝となった。

先発の山口は7回2失点。6四球と制球は荒れたが被安打を3に抑え、3連勝となった。3勝目はリーグ一番乗り。まだ始まったばかりではあるが、良いスタートを切っている。

打線は8得点。吉川尚の抹消に伴って打順を変え、1番坂本、2番丸、3番ビヤヌエバ、4番岡本という上位打線になり、またセカンドには山本が入ったが、その山本が2安打、さらに足で1点もぎ取るなど大活躍を見せた。吉川が抜けたセカンドは田中俊が最有力だと思っていたが、山本にも頑張ってほしい。

明日の先発は巨人が高橋、広島が野村。ルーキー高橋がプロ2戦目を迎える。前回と同じく、前の試合でチームが勝っているので、あんまり気負わずに投げてくれればと思う。対する野村は今季ここまで2試合に登板し、1勝0敗、防御率3.27。前回は4回3失点で勝ち負けつかずだった。ちなみにこの試合は延長戦までいったが、10回にヤクルトが12点取ったあの試合だった。今日ハマった新打線で明日も高橋を援護したい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 00:54 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: