2019年04月17日

2019.04.17 巨人4-5広島

初回、亀井の2点タイムリーで巨人が先制。3回、菊池のホームランで広島が1点を返す。その後はしばらく試合が動かなかったが、7回、西川のタイムリーで広島が同点とする。8回、丸の2ランホームランで巨人が勝ち越し。このまま巨人勝利かと思われたが、9回、広島は西川の内野ゴロの間にまず1点を返すと、菊池のタイムリーで同点。さらに石原のタイムリーで逆転した。広島が逆転勝ちで、このカードは1勝1敗となった。

先発の高橋は6回途中1失点。初回にいきなり3四球で満塁のピンチを作った時はどうなるかと思ったが、そのピンチをダブルプレーで切り抜けると、その後も四球を出したが失点はソロホームランの1点のみに抑えた。前回5だった奪三振も9に増えており、今回も一定の結果を残した。またチャンスがあるだろうし、次も期待したい。

高橋が降板した時点では勝ち投手の権利があったが、7回に田原、吉川が打たれて同点とされて高橋の勝ちは消滅。その後8回に勝ち越したが、9回にクックがまさかの3失点で逆転負けとなった。クックはここまでランナーを出しながらも無失点だったが、いきなり3失点とは…。こういう勝ち試合を落とすのはダメージがでかい。

打線は終始リードを奪っていたが、大きく突き放すことはできなかった。下位打線が打てていないのは問題だが、これまで古巣相手にほとんど打てていなかった丸がホームランを打ったのは、今後の広島戦を考えるとよかった。

明日は休みで、金曜日からは甲子園で阪神との3連戦。阪神には東京ドームで3連勝しており、今度は敵地に乗り込んでの対戦となる。巨人の先発は、菅野、ヤングマンまでは確実で、二軍落ちした畠の代わりが誰になるか。メルセデスが21日から一軍に戻れるはずなのでメルセデスかな。

タグ:野球 巨人 広島
posted by K at 23:31 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: