2019年05月13日

令和元年夏場所 2日目○玉鷲

2日目 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●

立ち合いからもろ差しを狙う御嶽海に対し、それを防ごうとする玉鷲。御嶽海が押し込むが、玉鷲が顔を張って前に出ようとする。御嶽海は引いて回り込んで凌ぐと再び攻勢に。左を差したが玉鷲がうまく抜くと、少しの間組まずににらみ合って再びぶつかる。玉鷲がパワーで押し切ろうとするが、御嶽海は回り込んで凌ぎ、さらに攻め込んできた玉鷲を叩き込み。熱戦を制した御嶽海が令和最初の白星を挙げた。

攻防があって非常に見応えのある熱戦だった。こういう一番で負けると引きずりそうだが、勝ったので流れに乗っていけそうな気がする。一方で、押し込む場面があったものの攻めきれず、最後は叩き込みで勝つなどまだ本来の力は出せていないように思う。まだ上位戦も多く残っているので、調子を上げていきたい。

明日の相手は大関・高安。過去の対戦は5勝12敗で、先場所は押し出しで高安が勝利した。高安は今場所、初日に琴奨菊に敗れたが、今日は遠藤に勝利し、ここまで1勝1敗となっている。上位陣の中ではもっとも相性の悪い相手だが、内容的にはギリギリで負けている相撲も多く、直接対決だけでいうならば成績ほどの差は無いと思う。立ち合いの圧力に耐えることと、組まれないこと、まずはこの2つに気を付ければいい勝負にはもっていけるはずで、そこからうまく隙をつければ、というところだろう。とにかく、しっかり調子を整えて臨みたい。

過去の対戦 ※直近10戦
29夏 ●御嶽海(首投げ)高安○
29名 ●御嶽海(突き出し)高安○
29九 ●御嶽海(叩き込み)高安○
30初 ●御嶽海(上手投げ)高安○
30春 ●御嶽海(突き落とし)高安○
30名 ●御嶽海(突き落とし)高安○
30秋 ○御嶽海(突き落とし)高安●
30九 ○御嶽海(掬い投げ)高安●
31初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
31春 ●御嶽海(押し出し)高安○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:55 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: