2019年05月14日

2019.05.14 巨人2-4阪神

初回、丸、岡本の連続タイムリーで巨人が2点を先制。しかし直後の2回、マルテのホームランで阪神が1点を返す。その後はしばらく試合が動かなかったが、7回、阪神は北條のタイムリーで同点、そして糸原の2点タイムリーで勝ち越しに成功する。その後、巨人は阪神のリリーフ陣からチャンスを作れずゲームセット。巨人は阪神戦の連勝がストップし、今季初の3連敗となった。

先発の高橋は6回1失点。今回も勝ち投手の権利を持って降板したが、後続が打たれた。ここまで登板した6試合すべてを3失点以内に抑えており安定感がすごい。ただ、ここ2試合良くなっていた球数の多さが今日は出て、それが6回での降板につながった。一軍でやっていける実力はあるし、さらなるレベルアップに期待したい。

中継ぎはアダメス、戸根が失点。今季まだ無失点だった2人が失点したことで、また勝ちパターンが分からなくなってしまった。この2人と中川でいけると思ったんだがなあ。まだ1試合だからもう少し様子見ではあるけど。

打線は初回の2点のみ。この3連敗は打線が点を取れていないのが大きな原因で、3試合で4点しか取れていない。今日は非常に幸先良いスタートを切ったのにその後続かず、6回以降はノーヒットだった。さらに坂本の連続出塁もストップ。チームが勝つか、記録が続くかどっちかあればまだよかったが、非常に気持ちが沈んでいる。

明日の先発は巨人が菅野、阪神が岩田。先週、6回5失点ながら打線の奮起で勝ち投手となった菅野。ただ、ここまでの防御率は3.56、被本塁打はすでに9(ちなみに一昨年は1年間、187.1イニングで10だった)と、菅野らしからぬ数字が並んでいる。チームもちょっと落ちてきているが、ここで流れを変えるのがエースの役割。まずはチームを勝利に導いてほしい。対する岩田とは今季初対戦。今季はここまで4試合に登板し、1勝0敗、防御率1.30。ここ2試合は勝ちこそついていないが無失点のピッチングを見せており、調子は良い。打線は19点取ってから反動が来たかのように点を取れていないが、3試合経ったんだからもう反動も終わったころだろう。投打のかみ合った試合を見たい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 21:53 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: