2019年05月15日

2019.05.15 巨人8-13阪神

初回、糸井の2ランホームランとマルテのタイムリーで阪神が3点を先制。2回には大山、福留のタイムリーでさらに2点を追加する。巨人はその裏、小林の内野ゴロの間に1点を返すと、3回には石川のホームランで1点、4回には小林のダブルプレーの間の1点と菅野のタイムリーで2点を返し、1点差に迫る。しかし5回、福留のホームランで阪神が1点を追加。さらに6回には木浪のホームラン、糸井の犠牲フライ、大山の2ランホームランで4点、7回には梅野のホームランで1点を追加し、巨人を突き放す。巨人はその裏、丸の3ランホームランで3点を返すが、8回、木浪の2点タイムリーで阪神がさらに2点を追加。その裏、亀井のタイムリーで巨人が1点を返すが、これでゲームセット。乱打戦を制した阪神が連勝、巨人は4連敗となった。

先発の菅野は6回途中10失点(自責7)。最初の2イニングでいきなり5失点、その後持ち直したかに見えたが、さらに失点を重ねた。これで防御率は4.36、被本塁打は13。いつもの菅野と比べて、どころではなくリーグワーストレベルの成績になっている。とくに、あまりにホームランを打たれすぎている。菅野が本来の調子でなければ優勝など無理だし、早急にどうにかしなければいけない。

打線は8点を取ったが及ばず。ここ数試合の得点力不足が解消されたのは良かった。これを続けていきたい。

明日は休みで、あさってからはナゴヤドームで中日との3連戦。とにかくまずは連敗を止めたい。

タグ:阪神 巨人 野球
posted by K at 22:51 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: