2019年05月16日

令和元年夏場所 5日目○逸ノ城

5日目 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●

立ち合い、重い逸ノ城に対して当たった御嶽海は一瞬体が浮きそうになるが、すぐに前傾姿勢に。逸ノ城が叩こうとするのに乗じて前に出る。逸ノ城も押し返してくるが、御嶽海は下からハズ押しで逸ノ城の体を起こし、そのまま押し出し。御嶽海は連敗はせず、3勝2敗で序盤戦を終えた。

御嶽海にとって最も基本的な攻め方である下からの突き押し。これを徹底してできたのが良かった。逸ノ城はとにかく大きく重いので、もろ差しになっても逆に抱え込まれてしまう恐れもある。そうなるのを避けるために、差さずにハズ押しで攻めたのは正解だったと思う。良い内容だった。

これで序盤戦が終了し、3勝2敗。5日間のうち4日が自分より番付が上の相手との対戦であることを考えれば、まずまず良いスタートになったと思う。1つの目標として10勝というのがあると思うが、今場所の場合、大関以上に2勝2敗、関脇・小結に2勝1敗、平幕に6勝2敗でいければ届く計算になる。これは御嶽海にとっては難しい数字ではないはずなので、10勝を狙ってほしい。もちろん、まずは勝ち越しだけど。

明日の相手は琴奨菊。過去の対戦は9勝4敗で、直近の対戦である昨年名古屋場所は寄り切りで御嶽海が勝利した。琴奨菊はその名古屋場所での休場もあってしばらく番付を下げていたが、先場所、西8枚目で11勝を挙げ、今場所は西筆頭まで番付を戻してきた。その今場所は初日に高安を破るなど、ここまで2勝3敗。しばらく対戦がなかったが、相性は良い相手なので、ここは勝っておきたい。

過去の対戦 ※直近10戦
29初 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
29春 ●御嶽海(寄り切り)琴奨菊○
29夏 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
29名 ○御嶽海(叩き込み)琴奨菊●
29秋 ○御嶽海(掬い投げ)琴奨菊●
29九 ○御嶽海(掬い投げ)琴奨菊●
30初 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
30春 ●御嶽海(掬い投げ)琴奨菊○
30夏 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
30名 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●


昨日、御嶽海との一番で足を痛めた貴景勝は、病院に行った結果「右膝関節内側側副靱帯損傷」と診断され、今日から休場となった。新大関での休場というのは本人も残念でならないだろうが、無理して出るよりは絶対に良いと思うので、休むという決断をしてくれて良かった。まだ22歳で、これからずっとケガを抱えて戦っていくのは大変だし、治るのならば今、確実に、しっかりと治してほしい。

最大の注目であった貴景勝が不在となった夏場所。序盤戦を終えて全勝は鶴竜、栃ノ心、朝乃山の3人となった。10勝で大関復帰となる栃ノ心は内容も良く、大関に上がった1年前を彷彿とさせる姿を見せている。まだ上位とはやっていないが、10勝どころか優勝も、と感じるような強さだ。1年ぶりの優勝を狙う鶴竜も強さを見せつける相撲で、ひとまずはこの2人が引っ張っていくものと思われる。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:55 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: