2019年05月17日

2019.05.17 巨人4-1中日

前半は巨人・ヤングマン、中日・勝野の両先発が好投し、5回まで両チーム無得点が続く。試合が動いたのは6回、岡本の2点タイムリーで巨人が先制。さらに亀井の内野ゴロの間にもう1点追加する。その裏、中日もノーアウト満塁のチャンスを作り、福田の犠牲フライで1点を返すが、この1点にとどまる。逆に9回、炭谷のタイムリーで1点を追加した巨人が勝利。連敗を4で止めた。

先発のヤングマンは6回途中1失点。5回までは3安打無四球で0点に抑える好投を見せていたが、味方が先制した直後に3四死球を出して降板となった。先制したのが自分のヒットがきっかけだったので、攻撃のほうで疲れが出たのかもしれないが、そこは修正していってほしい。それ以外は良いピッチングだった。

打線はプロ初登板・ルーキーの勝野に苦戦するも、わずかなチャンスを点に結び付けた。決勝点は岡本で、やっぱり4番が打てればそれだけ勝つ可能性は高くなるということだろう。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が柳。メルセデスは中日戦今季2度目の登板。前回は7回3失点と試合を作ったが、打線の援護がなく負け投手となった。メルセデスは安定しているので、明日も期待。対する柳とは今季初対戦。柳は今季7試合に投げ、3勝1敗、防御率3.30。先週の阪神戦では8回無失点という素晴らしいピッチングを見せた。メルセデスはきっと試合を作ってくれると思うので、打線も着実に点を取っていきたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 22:15 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: