2019年05月18日

2019.05.18 巨人5-1中日

2回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が先制。3回には丸、岡本の連続タイムリーと亀井のダブルプレーの間の1点で計3点を追加、5点のリードを奪う。中日は8回にビシエドのタイムリーで1点を返すが、反撃はその1点のみ。巨人が連勝でカード勝ち越しを決めた。

先発のメルセデスは7回無失点。2回に2アウト2,3塁のピンチを迎えたが、そこを切り抜けるとその後は連打を許さない好投を見せた。味方が早い段階で大きくリードしてくれたのも良かったかもしれない。

打線は序盤にリードを奪った。マルティネスの代わりに一軍に戻ってきたゲレーロが2試合目でさっそくホームランを打った。外国人枠は、ヤングマン、メルセデスは外せないだろうが、残り2枠は今一軍にいるアダメスも含めて安泰ではない。生き残りのためにも活躍を続けていってほしい。

明日の先発は巨人が山口、中日が清水。ここ3試合勝ちがない山口。先週の登板は制球が乱れ、3回で降板した。中日戦は今季1度登板し、7回1失点で勝ち投手になっている。その時の再現を見せてほしい。対する清水とは今季初対戦。清水は高卒2年目の投手で、まだ19歳。ルーキーイヤーの昨年も一軍で2試合に登板。今季は先週初登板を果たし、5回2失点のピッチングで見事プロ初勝利を挙げた。昨日もプロ初登板の勝野に苦戦するなど相変わらず初物に弱い巨人打線だが、ここは3連勝で4連敗した分を返したい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: