2019年05月19日

2019.05.19 巨人4-5中日

初回、坂本、亀井のタイムリーで巨人が2点を先制。しかしその裏、福田の内野ゴロの間に中日が1点を返す。5回、ビシエドの2点タイムリーで中日が逆転。6回には堂上のタイムリーで1点を追加する。7回、岡本のタイムリーで巨人が1点差とするが、8回、大島のタイムリーで中日が再び2点差に。9回、巨人は大城のホームランで1点差とし、さらに1アウト1,3塁のチャンスを作るが、岡本がダブルプレーで試合終了。巨人は連勝ストップとなった。

先発の山口は6回途中4失点。四死球は2と山口としては少なくしたものの、代わりに被安打10。菅野に続いて山口も調子が落ちている。先発が安定しているというのが巨人の最大の強みであるはずだが、その両エースが苦しんでいる。

打線はあと一歩及ばず。最後は岡本のダブルプレーで試合終了となったが、岡本は今日もタイムリーを打って3試合連続打点を挙げており、調子は上がってきている…と信じたい。

火曜日からはDeNAとの3連戦。巨人の主催試合だが、火曜日はひたちなかで行われる(水曜・木曜は東京ドーム)。6連戦となるため、高橋、菅野ともう1人誰か、ということになる。中5日でヤングマンよりは2軍から今村あたりを上げたほうが良さそうな気はする。確実に勝ちこして、広島との3連戦に向かいたい。



タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:07 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: