2019年06月07日

2019.06.07 巨人4-3ロッテ

3回、押し出し四球とレアードのタイムリーでロッテが2点を先制。しかし4回、若林のプロ初ホームランとなる2ランで巨人が同点とする。続く5回には岡本、大城の連続タイムリーで勝ち越しに成功する。その後ロッテは毎回ランナーを出すものの点が奪えない。9回、鈴木の犠牲フライで1点を返すが反撃はここまで。カードの初戦は巨人が制した。

先発のメルセデスは6回途中2失点。メルセデスが本来持っている力を考えればもっと投げてほしいところではあるが、ここ2試合のように試合を壊すことはなく、3試合ぶりの勝ち投手となった。ここからまた調子を戻してくれれば。

打線は昨日プロ初打点を記録したばかりの若林がプロ初ホームラン。ここから流れをつかんだ。吉川がおらず、山本の調子も下降気味の今は若林にとって大チャンス。スイッチヒッターなので相手が左右どっちでも出られるのも強み。このままチャンスをつかむか。

明日の先発は巨人が山口、ロッテが土肥。このところ調子が戻ってきた山口。中継ぎも結構投げているので理想は完投だが、前回から中5日になるのでまずはしっかり試合を作ってほしい。対する土肥は明日が今季初登板・初先発。今季3年目のピッチャーで、昨年はプロ初勝利を含む2勝を挙げた。二軍では7勝1敗、防御率2.94と結果を残している。巨人としては連勝で波に乗りたい。

posted by K at 22:06 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: