2019年06月14日

2019.06.14 巨人4-5日本ハム

3回、有原のワイルドピッチで巨人が2点を先制。4回には大城のタイムリーで1点を追加する。6回、渡邉の犠牲フライと杉谷のタイムリーで日本ハムが1点差とすると、7回、中田のタイムリーで同点に。さらに王の2ランホームランで日本ハムが逆転する。巨人は9回、重信のタイムリーで1点を返すが、あと1本が出ずゲームセット。カードの初戦は日本ハムが制した。

先発のメルセデスは6回途中2失点。降板時点ではまだ無失点だったが、序盤から球数が多く100球を超えたため満塁で降板、後続が2点を取られた。前回と同じく、試合は作っているけどあともう少し頑張ってほしいというところか。

それでもなんだかんだでリードして7回に入ったが、高木が打たれた。この前は逆転された後に味方が再逆転するという驚異の強運を発揮していたが、そんなことがいつも起きるわけはなく、ついにプロ初黒星となった。

打線は一歩及ばず。9番重信が3安打だったが、珍しく坂本・丸がそろってノーヒットだった。坂本は交流戦に入ってから調子が落ちてきているが、坂本ならば自力で乗り越えてくれるだろう。

明日の先発は巨人が山口、日本ハムが金子。調子を戻してきた山口。明日もしっかり試合を作ってほしい。対する金子はオリックスから移籍し、今季から日本ハムでプレー。ここまでは3勝3敗、防御率3.56。先発以外での登板もあるが最近は先発が多く、先週の阪神戦では6回無失点で勝ち投手となった。交流戦、巨人はここまで良い流れで来ている。連敗はしないようにしたい。

posted by K at 23:31 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: