2019年06月19日

2019.06.18 巨人4-3オリックス 06.19 巨人3-4オリックス

18日 初回、丸の2ランホームランで巨人が先制。3回には岡本のホームランで1点を追加する。4回、巨人のエラーでオリックスが1点を返す。さらに8回、中川の2点タイムリーでオリックスが同点とするが、その裏、陽のタイムリーで巨人が勝ち越し。このリードを守った巨人がカードの初戦を制した。

19日 2回、1塁ランナー大城が盗塁を仕掛け、アウトになる間に3塁ランナー中川が生還しオリックスが先制。4回には大城、小田のタイムリーで2点を追加する。巨人はその裏、岡本のホームランで1点を返すと、7回、中島の移籍後初となる2ランホームランで同点とする。しかし直後の8回、小田の犠牲フライでオリックスが勝ち越し。その後巨人はチャンスを作るもののあと1本が出ず、このままゲームセット。このカードは1勝1敗となった。

先発は18日の今村が6回1失点、19日の高田が4回3失点。今村は安定しており、交流戦後もローテーションを守れそう。高田は今季初先発となったが、5回まで投げることができなかった。まあそれでも昨年の2回6失点からは成長しているし、もう1回くらいチャンスはもらえるかも。

中継ぎは18日の8回に登板したマシソンが足を痛めて降板。登録を抹消された。重症ではないとは言われているが、とにかく早く戻ってきてほしい。代わりにしばらく離脱していたクックが戻ってきたが19日の負け投手となり先行きは不安。

打線は4点と3点。岡本が2試合連続ホームランと好調。あとは、19日はノーヒットだったものの若林が絶好調。交流戦首位打者も狙える勢いになっている。

明日の先発は巨人が桜井、オリックスがK-鈴木。2試合連続で勝ち投手となっている桜井。明日好投で勝利すると交流戦3戦3勝となり、MVPも見えてくる。対するK-鈴木は2年目の右腕。本名は鈴木康平だが、同じ読みの鈴木昂平がチームにいることからこの登録名になった。今季は7試合に投げて1勝3敗、防御率2.97。交流戦に入ってからは5回まで投げられていない。明日勝って5カード連続勝ち越しを決め、ソフトバンクとの交流戦優勝決定戦に臨みたい。

posted by K at 23:18 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: