2019年07月20日

2019.07.19 巨人6-7広島

初回、広島のエラーで巨人が先制。巨人は3回に岡本のホームランで1点、4回には大城、若林のタイムリー、阿部の犠牲フライで3点を追加し、5点をリードする。しかしここから広島が反撃。その裏、鈴木のタイムリーで1点を返すと、5回は西川のタイムリー、6回は安部のホームラン、7回は菊池のタイムリーで1点ずつを返し、1点差に迫る。巨人は8回、坂本のホームランで1点を追加するが、その裏、松山のタイムリー、そして曾澤の2ランホームランで広島が3点を取りついに逆転。巨人は5点差をひっくり返される大逆転負けとなった。

先発の菅野は7回途中4失点。4回までに5点のリードをもらい、自身も3回まではパーフェクトピッチングと完全に勝つ流れだったが、ここですいすいと行けないのが今季の菅野か。悪い流れのままリリーフに渡すというのが昨年までの菅野を見ているととても信じられなくて、ショックだった。

それでもデラロサが後続を抑え、坂本のホームランで再び流れを引き寄せたかに見えたが、マシソンがまさかの3失点。マシソンは今季11試合目の登板にして初失点なので、これで信頼を失うということはないと思うが、よりによって広島戦で打たれるとは…という感じ。

打線は大瀬良から5点を奪ったが、その後なかなか追加点を取れなかった。坂本のホームランより前に1点でも取れていれば流れは全然変わっていたと思うが、リリーフ陣を打てなかった。

この負け方は普通に負けるよりよっぽど痛い。こっちが痛いだけならいいが、これで広島を起こしてしまわないかがとにかく心配。5月のように勢いを取り戻してしまわないように、巨人が広島の勢いを鎮めなければいけない。

明日の先発は巨人が今村、広島が床田。前回の広島戦では5回1失点とまずまずの投球を見せた今村。嫌な流れを止めてほしい。対する床田とは今季4度目の対戦。過去3試合は床田から見て1勝1敗、防御率3.78。チーム状態の悪化もあり、しばらく勝てていない床田。巨人打線は今日は勝てなかったとはいえ6点取っており、調子は悪くない。明日もこれくらい取りたい。
タグ:野球 巨人 広島
posted by K at 01:23 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: