2019年07月21日

令和元年名古屋場所 14日目●鶴竜

14日目 ●御嶽海(寄り切り)鶴竜○

立ち合い、踏み込んだのは鶴竜。まわしを取ろうとする鶴竜に対し、御嶽海はのど輪のような形で突き放そうとするが、鶴竜は離れず、しっかりまわしを取ると一気に寄り切り。御嶽海は抵抗できず6敗目となり、今場所も10勝には届かなかった。

完敗だった。まず立ち合いで当たり負けていたし、そこからの攻めの速さも鶴竜に圧倒された。鶴竜が昨日負けたことで今日どうなるかと思っていたのだが、非常に集中していた。強かった。

明日、千秋楽の相手は志摩ノ海。幕内だけではなく十両以下でも対戦がなく、完全な初顔合わせとなる。志摩ノ海は今場所の5日目に誕生日を迎えた30歳。学生相撲で活躍して角界入りし、初土俵からわずか8場所で幕下の西4枚目という十両目前の位置まで番付を上げたが、その場所で大怪我をして長期休場を余儀なくされ、序の口まで転落。そこからまた番付を上げて3年前に新十両。その後はまた幕下に落ちていたものの、昨年から十両に定着し始めると、今年の初場所、春場所と連続で十両優勝を果たして先場所新入幕。先場所も10勝を挙げて敢闘賞を受賞し、今場所は西6枚目。そして今場所も8勝とすでに勝ち越しを決めている。御嶽海が幕下付け出しでデビューしたときは志摩ノ海(当時は濱口)も近い番付にいたが、対戦はなかった。タイプとしては御嶽海と同じ突き押しで、御嶽海よりも少し小柄。どちらかと言えば相性は良い相手じゃないかと思われるが、とにかく自分の相撲で勝って、良い形で場所を終えたい。


優勝争いは、まず2敗だった照強が北勝富士に敗れて脱落。鶴竜は勝利したが、結びで登場した白鵬が琴奨菊に敗れて2敗目。これにより、1敗鶴竜、2敗白鵬と差がついた状態で千秋楽の直接対決を迎えることになった。対戦成績では白鵬が大きくリードしているものの、優勝のためには本割、決定戦で連勝する必要があるため簡単ではない。鶴竜が7場所ぶりの優勝を果たすか、それとも白鵬が逆転優勝を飾るのか。明日すべてが決まる。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 01:58 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: