2019年08月12日

2019.08.12 巨人8-7広島

初回、押し出し死球と若林の2点タイムリー、小林のタイムリーで巨人がいきなり4点を先制。その裏、鈴木のタイムリーで広島が1点を返す。3回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が2点を追加。しかし広島はその裏、菊池、松山のタイムリーで2点を返すと、4回には西川の内野ゴロの間に1点、菊池のホームランでもう1点を返し1点差に詰め寄る。巨人は6回、坂本の犠牲フライで1点を追加すると、8回にも坂本が今度はタイムリーを打って1点を追加、3点差とする。しかしその裏、広島は鈴木のタイムリーで1点を返し、9回は菊池の内野ゴロの間に1点を返し、再び1点差に。それでも最後はデラロサがバティスタを三振に取ってゲームセット。乱打戦を制した巨人がカードの初戦を制した。

先発の山口は4回途中4失点。2週間ぶりの登板となったが、大量リードにもかかわらず失点が多く早めの降板となった。これがブランクがあったのが原因であれば次は戻してくるはずだが、そうでなければこの先が不安。とりあえず切り替えてまた次投げてほしい。

その後は小刻みな継投でなんとか逃げ切った。中川が今日もベンチを外れる中で、先発の山口を含めて8人が投げた。その中でも見事だったのは大竹で、戸根の作ったピンチを凌ぎ、次のイニングもあっさり三者凡退で片づけた。文句なしの勝ち投手で、これがプロ通算100勝目となった。

打線は序盤に大量点。調子のいいゲレーロを筆頭に下位打線で点を奪った。接戦になった終盤は坂本が2打点でさすがというところを見せた。

明日の先発は巨人がメルセデス、広島がジョンソン。メルセデスは広島戦3試合で0勝2敗、防御率6.00と相性が悪いが、今のチームの勢いを止めないピッチングをしてほしい。対するジョンソンとは今季5度目の対戦。前回は6回無失点の好投をされて敗れた。今日のように序盤からリードしていきたい。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: