2019年08月25日

2019.08.25 巨人0-3DeNA

3回、乙坂のタイムリーでDeNAが先制。その後はしばらく点が入らなかったが、7回、再び乙坂のタイムリーが出てDeNAが追加点。8回にはソトのホームランでさらに1点を追加する。反撃したい巨人だが、DeNA投手陣の前にわずか3安打しかできず、無得点でゲームセット。DeNAがカード勝ち越しを決め、マジックは20のままとなった。

先発の山口は7回途中2失点。先発の役割は今日もしっかり果たしたが、相手先発の今永がそれ以上の好投を見せたため、およそ3か月ぶりの黒星となった。欲を言えば、7回の追加点を奪われた場面は抑えてほしかった。

打線は今永をはじめとするDeNA投手陣の前に3安打。岡本が2本、坂本が1本で後はノーヒットだった。おとといも4安打で負けているし、火曜日は勝ったとはいえ3安打だったし、打線の調子はまた少し落ちてきたか。

優勝に向けて、この3連戦は3連敗だけは避けたかったので、最低限の目標は達成した。ただその先、CSを考えると、当たる可能性がそれなりにあるDeNAに東京ドームで負け越したというのは不安が残る。DeNA戦は残り6試合でうち5試合が横浜スタジアム。ここでいくつか勝って、少しでもいい雰囲気でCSに臨めるようにしたい。

火曜日からは東京ドームで広島との3連戦。前回はマツダで勝ち越したが、今季の対戦成績では7勝12敗1分とまだ大きく負け越している。広島ともCSで当たる可能性は十分あるので、ここも勝ち越しておきたい。先発はメルセデス、菅野、あとは今村あたりになるだろうか。
タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 22:48 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: