2019年09月20日

令和元年秋場所 13日目○妙義龍

13日目 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●

立ち合いからお互いに突き合う展開に。御嶽海は妙義龍を中に入れないように激しく突っ張る。思わず妙義龍が引き、そこを一気に出た御嶽海が押し出し。御嶽海も土俵に倒れ込んだため、同体ではないかと物言いがついたが、妙義龍の足が先に出ており、軍配通り御嶽海の勝ち。御嶽海は優勝した昨年名古屋場所以来の10勝目を挙げ、優勝争いでも再び先頭に並んだ。

3連敗中と嫌な相手ではあったが、攻めの姿勢を貫いた。相手が引いたところで前に出て、前傾になりすぎてしまったために落ちてしまったが、前に出る圧力が強かったぶん、相手が先に土俵を割った。強気に攻めたのが良い結果を生んだ。

これでついに10勝目。この数場所ずっと目標にしていた数字にようやく到達した。まずは良かった。これで大関挑戦の足掛かりを作った。しかし、大関昇進の目安は3場所で33勝。つまり1場所当たり11勝が必要となる。この場所を起点とするならば、1つでも多く白星を積み上げておきたい。

明日の相手は大関・豪栄道。過去の対戦は6勝9敗(うち不戦勝が1つ)で、直近の対戦である夏場所は寄り切りで豪栄道が勝利している。今場所かど番だった豪栄道は12日目にかど番を脱出。今日は貴景勝を破って4敗を維持し、優勝争いに復活してきた。自力優勝はないものの、3年ぶりの優勝に向けて気迫十分で来るものと思われる。御嶽海は昨日、今日と立ち合いから良い流れを作れている。明日も立ち合いで勝って、突き放すかもろ差しの形になりたい。

過去の対戦 ※直近10戦
29秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29九 ○御嶽海(叩き込み)豪栄道●
30初 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30春 ○御嶽海(浴びせ倒し)豪栄道●
30名 ○御嶽海(送り出し)豪栄道●
30秋 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
30九 □御嶽海(不戦)豪栄道■
31初 ○御嶽海(掬い投げ)豪栄道●
31春 ●御嶽海(送り出し)豪栄道○
元夏 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○


上記のとおり豪栄道が貴景勝を破ったため、唯一2敗だった貴景勝が3敗に後退。御嶽海、隠岐の海、剣翔と並んだ。4敗で豪栄道、朝乃山、宝富士、明生、豊山の5人が追っている。この9人には全員にチャンスがある。誰が勝ってもおかしくない。ちなみに明日は3敗同士、4敗同士の対戦はない(3敗御嶽海と4敗豪栄道の対戦はある)ため、14日目終了時点で9人が並ぶ可能性すらある。誰にも読めない優勝争いを誰が制するのか。


3敗・4敗力士の明日の取組

御嶽海(3敗)ー豪栄道(4敗)
貴景勝(3敗)ー妙義龍
隠岐の海(3敗)ー遠藤
剣翔(3敗)ー琴勇輝

朝乃山(4敗)ー友風
宝富士(4敗)ー阿炎
明生(4敗)ー大栄翔
豊山(4敗)ー阿武咲

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 21:56 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: