2019年09月20日

2019.09.19 巨人1-2DeNA 09.20 巨人9-4DeNA

19日 6回、坂本のホームランで巨人が先制。しかしその裏、福田のタイムリーで中日が同点に。そして8回、再び福田のタイムリーで中日が勝ち越し。このリードを守った中日が勝利。巨人は3試合連続1点どまりで3連敗。

20日 初回、坂本の2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、ロペスのタイムリーと押し出し四球でDeNAがすぐに同点とする。巨人は2回、亀井のタイムリーで勝ち越すと、3回には大城のホームランで1点、6回には重信のホームランで1点、7回には岡本のタイムリーと阿部の犠牲フライで2点を追加し、5点差とする。DeNAはその裏、大和の2点タイムリーで3点差とし、さらに満塁のチャンスを迎えるが、ここは巨人が凌ぐ。すると9回、坂本、岡本のホームランで巨人がダメ押しの2点を追加。巨人が勝利し、優勝へのマジックをついに2とした。

先発は2試合とも試合を作った。メルセデスは勝てなかったが6回1失点と好投したし、山口は自分が移籍した際の人的補償である平良と投げ合ったが7回途中まで投げた。山口はこれで15勝目となり、勝ち星、勝率、奪三振の3項目で単独トップに。最多勝と最高勝率のタイトルはほぼ確実となった。

打線は3試合連続1点の大不振から今日は5ホームラン。もうちょっと安定して打ってほしいが、大事な今日打ったので良しとしよう。

これでマジック2。明日、DeNAに勝てばその瞬間に優勝が決まる。その明日の先発は巨人が戸郷、DeNAが上茶谷。優勝が懸かった一戦、先発に選ばれたのはなんとドラフト6位の高卒ルーキー、戸郷。高卒ながらすでに二軍では11試合で投げており、防御率3.00とまずまずの成績を残している。本人もまさかこんな場面で大役が回ってくると思っていなかっただろうが、こうなったからには自分が決めてやるくらいの気持ちで最初から全力で行けるところまで行ってほしい。対する上茶谷とは今季2度目の対戦。前回の対戦は5回3失点で勝ち負けつかず。試合はDeNAが逆転勝ちしている。ルーキー対決となったが、打線は戸郷を援護してあげてほしい。そして優勝を決めてほしい。

posted by K at 22:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: